消臭靴下を販売している大手7社を比較

・消臭靴下 ユニクロ ・消臭靴下 しまむら
・消臭靴下 靴下屋(Tabio) ・消臭靴下 デオルソックス
・消臭靴下 岡本 販売実績NO.1 ・消臭靴下 リンマー
・消臭靴下 セーレン ・消臭靴下 フットカバー

消臭靴下 比較:販売数量ランキング

  1. 岡本:1,000万足以上
  2. デオルソックス:10万足以上
  3. セーレン:5万足以上
  4. リンマー:2万足以上
  • 靴下屋(Tabio)は消臭ではなく防臭靴下なので除外しました。
  • ユニクロは消臭機能付きと表示されてますが、消臭よりも速乾性を重視しているのでこちらも除外しました。
  • しまむらは消臭靴下の販売は2018年からですが数字は公表されていません。

消臭靴下あなたの靴下を消臭靴下に変える裏ワザも紹介します。

消臭靴下 しまむら

臭わない靴下 しまむら

 

しまむらは、消臭剤メーカーの小林製薬と共同で「臭わない靴下」「蒸れない靴下」の消臭靴下を販売しています。

 

小林製薬が開発した抗菌剤「KOBAーGUARD(コバガード)」で制菌加工した繊維で靴下を編み上げています。

 

一般的な抗菌加工の靴下は菌の増殖をある程度抑えることができますが、増殖を止めることはできません。

 

しかし、しまむらの消臭靴下は繊維に制菌加工がされているので、
菌の増殖も防ぎ、臭いの発生も抑制することができます。

 

靴下を履いた感触もなめらかな肌触りとストレッチ性に優れ、サラットした肌触りで軽さが感じられます。

 

しまむらの消臭靴下は3アイテムで税込380円で販売。

 

抗菌剤「KOBAーGUARD(コバガード)」を使用した商品は、しまむらのインナー商品にも使われ、

 

これらの消臭製品は、オリジナルブランド「CLOSSHI(クロッシー)」という商品名が全てにつけられています。

 

消臭靴下 ユニクロ

ユニクロ公式サイトで「消臭靴下 ユニクロ」「抗菌靴下ユニクロ」と検索してもヒットしません。

 

ユニクロの消臭靴下は以前は「ユニクロ ドライデオドラント ソックス」という名称で販売していましたが、
現在は消臭機能付きと言う名称での販売に変わっています。

 

「靴下」で検索すると靴下の分類の中に(消臭機能付き)と表示される靴下がでてきます。

 

値段は290円+消費税で50色から選ぶことができるようになっています。

 

基本柄物はなく全て無地のカラーソックスです。

消臭靴下 ユニクロ

気になる消臭効果ですが、汗の乾きは少し早く感じるのですが消臭の実感はあまり感じられません。

 

素材もアクリル、ナイロン、ポリエステルが主なので吸収性は期待できないのですが、
汗の揮発性が高いことで消臭機能付きと謳っているようです。

 

 

正直、表現は消臭よりも速乾性を謳った方が良い商品です。

 

効果は気休めのようで実際に購入した人のの評価もよくありません。

 

値段が安いのは魅力ですが、足の臭いの解消には程遠いようです。

 

乾燥性の高いインナーと同じように、汗を乾かす事にかけては効果はあるようですが、蒸れるのが少し改善できる程度です。

 

五本指靴下と比較して驚くほど効果はありません。

 

消臭靴下 靴下屋(タビオ)

靴下屋(Tabio)抗菌防臭靴下 全411種類の内の一部です。

消臭靴下

靴下専門店の靴下屋(タビオ)では消臭靴下と呼ばずに防臭靴下と呼んでいます。

 

消臭効果のあるデオセルと呼ばれる繊維と吸水速乾機能の高いポリエステルを素材としています。

 

靴下屋は靴下専門店の強みで種類も豊富で足の臭い防止にも効果が高い5本指ソックスも多く取り揃えられています。

 

5本指ソックスの防臭機能も充実しています。

 

靴下屋は選びやすいように細かくジャンル分けもされています。

 

消臭靴下消臭スポーツソックス:メンズ
全31件

消臭靴下

消臭靴下詳細はこちら

 

消臭靴下消臭スポーツソックス:レディース
全38件

消臭靴下

消臭靴下詳細はこちら

 

消臭靴下足の臭い対策用
全73件

消臭靴下

消臭靴下詳細はこちら

 

消臭靴下 比較靴下屋の消臭靴下 全種類

 

消臭靴下 比較

 

消臭靴下 デオルソックス

デオルは消臭靴下だけでなく消臭スプレーやグッズなどの製品も多く取り揃えられています。

 

今までに紹介した、ユニクロ、しまむら、靴下屋と比べると一番知名度は低いですが、
消臭に関しては最も研究していて実績がある会社です。

 

デオルの消臭靴下は多数のメディアにも取り上げられた実力派の消臭靴下です。

消臭靴下 比較

使ってもみて消臭効果に満足できなければ返金してくれます。

商品到着後7日以内であれば、消臭効果に満足できなければ使用済みのソックスでも
商品代金が全額返金してもらえます。

@消臭効果がある、無いの判断基準はあなたの判断でOKです。
A返送送料、振込手数料も負担してもらえます。

これなら、本当に効果があるかどうか心配はいりませんね。
実際に使ってみてから判断すればいいのですから。

デオルソックスの消臭効果

消臭靴下

デオルソックスの消臭効果は、1回履いて終わりではありません。

 

洗濯をすれば、何度でも使えます。

 

ボロボロになっても、繊維自体が消臭効果がありますので、トイレや下駄箱、臭いが気になるところに
消臭剤替わりとして使うこともできます。

 

デオルソックスを履いて臭いと反応した分、消臭効果は薄れていきますが、
洗濯、あるいは日干しすることで消臭効果は復活します。

 

注:デオルソックスは、体臭のみ反応するので、香水とか煙草などの人工的な臭いには
   反応しません。

 

お客さまの声

新潟県 A.N様

 

勤夏でも冷性なので梅雨時のひやひやした季節にはやはり5本指ソックスをはくことが多い私です。

 

夏なのでけっこDeolのソックスは厚いのでちょっとした暑苦しいのでは?
と思っていましたが、そんなことはなくさらっと快適にすごせました。

 

においをためそうと2日続けてはいてみましたが、気になるような臭いはしませんでした。

製品を利用した数多くの人の意見、感想はこちらから

 

デオルのキャッチコピーは
「200人分の汗のニオイをわずか3分間で消臭!」

 

ですので1人分の足汗のニオイなどは一瞬のうちに消臭してしまいます。

 

しかも消臭靴下の素材は綿なのです。

 

凄いですね。

 

デオルの消臭靴下は体臭が消臭繊維に付着すると、体臭を急速分解して全く臭わない物質に変化させてしまうのです。

 

しかも、効果は洗濯や日干しすることで消臭機能が復活するのです。

 

デオルの消臭靴下の効果は検査機関でも証明されています。

 

財団法人 日本繊維製品品質技術センター調べで、アンモニア臭をなんと99.4%消臭するという試験結果が報告されています。

 

【デオル消臭靴下の消臭検査結果】

消臭靴下 比較

デオルの消臭靴下は同じ靴下を3日間履きつづけても消臭効果は衰えることがありません。

 

でも汚れは付着するので洗濯は必要です。

 

消臭靴下 比較デオルの消臭靴下

 

残念なのはカラーバリエーションが少ない事です。
表のように3〜4種類しかありません。

消臭靴下 比較

 

あなたの靴下を消臭靴下に変える裏ワザ

靴下を洗濯してもパリパリになっていることはありませんか?

 

柔軟剤も入れているのに、なぜパリパリ何だろうと疑問に思った方もいると思います。

 

靴下がパリパリになってしまう原因は、繊維に脂(皮脂)が混じっているからなんです。

 

この状態だと洗っても臭いが取れず、乾燥した後にそのまま履くとすぐに臭くなります。

そんな靴下の臭いを無くす裏ワザを紹介します。

お湯に浸け置きをする

60度のお湯の中に靴下を約1時間浸け置きしておくと靴下のパリパリは無くなり消臭できます。

 

お湯の中に重曹を入れておくとさらに消臭効果が期待できます。

 

アイロンをかける

洗濯後にアイロンをかえることで除菌消臭ができます。

 

靴下を消臭しようと、ニオイの強い柔軟剤やアロマビーズなどを使用すると、靴下の臭いと混じりさらに臭さを倍増させてしまうので注意してください。

 

消臭靴下を作り出すとっておきの裏ワザ

お湯に浸けたり、アイロンを使う方法もいいのですが、一時的な対処法にすぎません。

 

あなたの消臭効果のない普通の靴下を消臭靴下に変える消臭スプレーがあるんです。

 

それは、消臭靴下の販売でも有名なDeolが販売している「ヌーラ」です。

 

あなたのお気に入りの靴下を1日中、消臭効果が持続する消臭靴下に変身することができます。

 

消臭靴下

 

使い方は簡単です。

 

靴下にシットリするくらいスプレーして乾いたら履くだけです。

 

「ヌーラ」は靴下だけでなく繊維質の衣類なら全てOKで、シャツにスプレーすれば、
ワキガ臭や、加齢臭、汗臭も消臭してくれます。

 

消臭効果は日本紡績検査協会調べで表のような消臭試験結果がでています。

 

【消臭スプレー「ヌーラ」の消臭試験結果】

消臭靴下 比較

「ヌーラ」は安心の全額返金保証がついています。

 

消臭靴下 比較衣類の消臭スプレー「ヌーラ」

 

消臭靴下 岡本

岡本の消臭靴下「SUPER SOX」は2004年に開発されて以来、累計販売数が1,000万足以上販売している知る人ぞ知る人気商品です。

 

愛用者の中には10年以上履き続けている方が多勢います。
岡本の靴下は、足の臭い対策だけでなく、吸湿性もすばらしく蒸れ対策にもばっちりです。

 

岡本の消臭靴下は5日間履き続けても臭わないウール100%靴下。

 

天然素材のウールはもともと高い吸湿性、保温性、防湿性、抗菌効果があるのですが、
毛玉ができやすく、チクチクし、縮むというデメリットがありました。

 

岡本の消臭靴下はこれらの欠点を解消し、開発されたのが繊維「ブリーズファイバー」です。

 

天然素材が持つ消臭機能をそのまま生かし消臭効果が半永久的に持続します。
綿混ソックスに比べて蒸れにくいという特性もあります。

 

優れた吸湿性

 

さらに放湿性も優れているので、いつもサラサラの肌触り感が持続します。

 

優れた放湿性

SUPER SOXと綿混ソックス 比較

消臭靴下 比較

 

岡本の靴下は独自開発した「BREATHE FIBER(ブリーズファイバー)」(特許第3529371号)を使用することで、ムレない、におわない靴下を実現しました。

 

「SUPER SOX」の特徴としては、ムレない、におわないだけでなく消臭効果が半永久的に持続することと、
毛玉ができにくく、色あせしにくいことです。

 

消臭効果は半永久的に持続

     
洗濯10回後の消臭性:「アンモニア」「酢酸」「イソ吉草酸」の減少率

消臭靴下 比較

 

消臭靴下は色々なメーカーが出していますが、ムレない靴下は岡本の「SUPER SOX」だけです。
靴下売上 日本No.1「靴下の岡本」公式通販サイトで商品を確認してみませんか?

 

消臭靴下 比較ムレない、におわないSUPER SOXはこちら

 

強力消臭靴下リンマー

消臭インソール「菌ピタ君」で有名な株式会社イワズミの通販消臭靴下です。
強い抗菌力をもつ活性ケイ酸を含む備長竹炭のマイクロカプセルが繊維に練りこまれています。

 

 

繰り返し洗濯しても日干し等を行うことで吸着していた臭いを放出するので効果は半永久的に持続されます。

 

炭の無数の孔は、温められた空気を穴に閉じ込めてくれるのでダウンジャケットの羽毛のように温かさを保ってくれます。

 

また、竹炭には靴下内の汗を吸収して外側へ放湿する機能を持っているので蒸れにくくさらっと快適です。

 

伸縮性の高い特殊ポリウレタンを使用し高いストレッチ性を持っているので足にぴったりとフィットします。

 

経済産業大臣認可の第三者民間試験・検査機関の検査に合格した商品です。

 

今なら1足無料プレゼント&割引キャンペーン実施中です。

 

>>【強力消臭靴下リンマー】

 

消臭靴下 セーレン

総合繊維メーカーのセーレンが開発した消臭靴下は臭いを金属イオンが分解することで、
約30秒で臭いの80%を消臭します。

 

2008年に発売されて以来5万足以上を販売しています。

 

セーレンの消臭靴下は、ナノレベルのセラミック粒子を繊維に固着させ臭いをセラミックスが吸着・分解することで実現しました。

消臭靴下 セーレン

この技術により足の臭いだけでなく加齢臭、汗、体臭、排泄、おならまで、あらゆる臭いを消臭することができます。

 

セーレンの消臭靴下は洗濯を重ねても消臭効果が持続します。

 

消臭靴下 セーレンセーレンの消臭靴下

 

 

消臭靴下 フットカバー

消臭靴下

近年、「素足で靴を履くと足の汗が気になる」とか、「足のニオイの原因となる足のべたつきやムレを防いでくれるから」という理由から、

 

パンプスからはみ出ない靴下「フットカバー」を履く人が増えています。

 

しかし、国内トップ靴下メーカー岡本株式会社の調査でフットカバーを履くことで大量の足汗をかくことがわかったのです。

 

足汗や足の臭いが気になるのでフットカバーを履いているのにこれでは逆効果ですよね。

 

じつは、それには原因があったんです。

 

それは、フットカバーを使用している約9割の人が靴の中で脱げてしまうという経験があり不満を持ちストレスを感じていたのです。

 

そして、フットカバーが脱げてしまうことが原因で、足汗を大量にかくことがわかったのです。

 

一方脱げにくいフットカバーでは、足汗をほとんどかかないこともわかりました。

 

これは、フットカバーが靴から脱げないように足の指を丸めて踏ん張ることで、

 

ストレスを感じ『精神性発汗』によって足が汗をかきやすくなるからということがニオイの専門医との共同研究でわかったのです。

 

滑るので靴を脱げないように踏ん張る⇒足に関心がいく⇒ストレスを感じる⇒足汗がでる⇒気にしてよけいに汗がでる

 

この「足汗スパイラル」を繰り返すことで足の発汗が助長されていたのです。

 

消臭靴下

 

この脱げやすいフットカバーを岡本が改善しました。

 

脱げないように「コの字型ストッパー(特許出願済)」フットカバーを開発したのです。

 

 

消臭靴下 失敗例

急速に汗を乾かすことができる靴下が「ドライデオドラント ソックス」「消臭靴下」として売られているケースがありますが、
乾燥を売りにしている靴下は購入して失敗する可能性が高いです。

 

靴下が臭うのは足汗を餌にしてしている雑菌が繁殖して臭いを発するからです。

 

雑菌をどう抑えるかを基準にしている靴下が足の臭いの悩みを解決する最低限の失敗しない購入基準です。

 

消臭靴下と普通の靴下の違い

足の臭い対策をいろいろしたのに全然効果が無いという方は、靴下やストッキングが原因の可能性が考えられます。

 

ストッキングはナイロンやポリウレタン製のものがほとんどです。

 

また靴下でも安いものはナイロンが半分以上含まれています。

 

それは化学繊維を混ぜることで安く作れるからなのですが、
化学繊維は足の臭いの原因となる汗は吸収してくれません。

 

となれば靴の中が蒸れてしまうのは当たり前ですよね。

 

いくらドライ加工がしてあっても雑菌が繁殖し足の臭いを発生させてします。

 

では、天然繊維が良いかというとそうでもありません。

 

靴下に使われる天然繊維といえば綿がメインですが、綿は吸収力はあっても乾きにくい性質を持っています。

 

ですので天然背繊維といえども足の臭い対策には最高の靴下というわけではないのです。

 

一番良いのは消臭靴下です。
消臭靴下の消臭加工とドライ加工はまったくの別物です。

 

消臭加工がされていれば化学繊維が含まれていても臭うことはありません。

 

ただし、消臭靴下を選ぶときはしっかりした会社のものを選ぶことが大事です。

 

少し割高ではありますが、糸や繊維に消臭成分が練り込んであり、洗っても落ちないものが長いスパンで考えるとコスパ面でもお得です。

 

消臭靴下とは(もとめられるもの)

 

消臭靴下とは消臭加工がされている靴下のことをいいいます。

 

現在、市販されている多くの靴下には抗菌・消臭が表示されていますが、
抗菌・消臭は10%でも臭いが軽減できれば効果があると表示することができます。

 

しかし残りの90%は消臭できないので結局は臭うことになります。

 

それでも消臭靴下として販売することはできるのです。

 

とはいえ、消臭靴下を求める方は、ほとんどの臭いが消えることを望んでいます。

 

そのために市販の消臭靴下は効果がないということで、消臭スプレーや消臭グッズなどに手を出したりする方もいるのです。

 

消臭靴下で最も大事なことは「臭いがしない」と実感できることです。

 

その他にも消臭靴下は、こんなことも求められます。

 

消臭靴下 効果臭いがすぐ消える
消臭靴下を履いて1日を経過する間に、少しづつ臭いが消えるのでは意味がありません。

 

靴下を履いて足が臭くなる瞬間に臭いが消えることが望まれています。

 

消臭靴下 効果効果が長時間継続する
仮に臭いがすぐに消えても効果が2時間しかきかなく、その後は臭ってしまったら消臭靴下としての価値はありません。

 

最低、1日着用してもしっかりと消臭する効果が持続することが必要です。

 

消臭靴下 効果洗濯しても効果が消えない
臭いが消えても靴下には汚れや皮脂がつくので洗濯をする必要があります。

 

しかし、洗濯をしたら消臭効果がなくなってしまったら価値が高いとはいえません。

 

洗濯を繰り返しても効果が持続する必要があります。

 

消臭靴下の3つの消臭方法

 

消臭靴下 効果反応(分解)消臭
臭いを分解するイオン消臭分子が含まれる合成繊維が使われていることが多く、
足の臭いの元である「アンモニア」、「酢酸」、「イソ吉草酸」といった成分に付着すると、

 

反応消臭(イオン消臭・分解消臭)により臭い物質を臭わない物質に化学反応させる消臭方法です。

 

短時間で大容量の臭いを無臭化できる最も効果的な方法です。

 

日本の公的検査機関でイオン消臭分子による消臭効果による効果は認められています。

 

デオルソックスがこのタイプです。

 

消臭靴下 効果抗菌消臭
字の通り菌を抑えるのですが、殺菌ではありません。
多少の菌は抑制できても消臭効果はあまり期待ができません。

 

靴下屋(タビオ)ソックスがこのタイプです。

 

消臭靴下 効果吸着消臭
臭いは目には見えませんが、極小の物質です。

 

活性炭や竹炭などで、この臭い物質を吸着させるのですが、吸着容量が飽和すると臭いが発生します。

 

湿度や温度によっても臭い物質を再び浮遊させることもあります。

 

消臭靴下の選び方

 

消臭能力・消臭スピード・効果継続時間・洗濯可能など消臭靴下に求められる機能をすべて備えているのは「デオルソックス」ですが、

 

3足1,000円といううようなお得感や、デザインなどで選びたい方には「デオルソックス」は少し不向きかもしれません。

 

ただ、繰り返しになりますが消臭靴下と表示されていても「臭いがしない」と実感できなければ本当の消臭靴下(臭わない靴下)ではないということです。

 

「デオルソックス」は高価な靴下ですが、消臭効果に満足できなければ「満足返品保障」がついているので、

 

購入後、あなたの主観で「満足感」が得られなければ全額返金してもらうことができます。

 

消臭靴下 比較デオルの消臭靴下

 

デザインが豊富な消臭靴下

履き心地やデザインが気に入っているお気に入りの靴下があれば、その靴下を「デオルソックス」と同じ消臭効果を持たせることができます。

 

少し手間ではありますがお気に入りの靴下に分解消臭機能(イオン交換体)を持たせることができます。

 

お手持ちの靴下にスプレーするのですが、スプレー効果のために洗濯をしたら消臭効果はなくなってしまいます。

 

その消臭スプレーは「急速イオン消臭スプレーヌーラ」といいますが、
靴下だけでなく衣類全般に使用することができます。

 

毎日洗うことができないスーツ、コート、セーター、スラックスなどに消臭加工することができます。

 

焼肉の臭いがついた衣服でもスプレーすることで一瞬で臭いを消すことはできる便利アイテムです。

 

消臭靴下 比較衣類の消臭スプレー「ヌーラ」

 

靴下が臭うのは素材が原因

 

市販されている抗菌靴下やメッシュ靴下、足の臭い対策に良いされている5本指靴下まで試してみたけれど効果がなかったというのはどうしてでしょう?

 

それは、市販されている靴下の素材はドライ加工と抗菌加工されていると表示されていても素材の半分以上が化学繊維でできているからです。

 

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維化学繊維は天然繊維と違って汗を吸収しません。

 

足は1日コップ1杯分の汗をかくといわれていますが、汗を吸収しないでそのまま発散するので、靴の蒸れがひどくなるだけなんです。

 

靴が蒸れることで、雑菌が繁殖し靴や足が臭くなり、水虫になることもあります。

 

汗自体は無臭ですが、汗と混じりおあった足の角質(垢)・皮脂などを栄養源として雑菌が増殖し臭いの原因となるんです。

 

ですので足が臭う悩みを持っている方は、化学繊維の靴下は絶対に避けた方がいいです。

 

ただ、スーパー、ファストショップで販売されている靴下はほとんどがこんな材質で作られています。

 

足の臭いが気になる方は、天然素材100%使用の靴下がおすすめです。

 

ただし、ゴムの部分だけ化学繊維が使われているのはOKです。

 

靴下の消臭におすすめな天然素材

消臭靴下

靴下が臭うのは素材が原因

市販されている抗菌靴下やメッシュ靴下、足の臭い対策に良いされている5本指靴下まで試してみたけれど効果がなかったというのはどうしてでしょう?

 

それは、市販されている靴下の素材はドライ加工と抗菌加工されていると表示されていても素材の半分以上が化学繊維でできているからです。

 

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維化学繊維は天然繊維と違って汗を吸収しません。

 

足は1日コップ1杯分の汗をかくといわれていますが、汗を吸収しないでそのまま発散するので、靴の蒸れがひどくなるだけなんです。

 

靴が蒸れることで、雑菌が繁殖し靴や足が臭くなり、水虫になることもあります。

 

汗自体は無臭ですが、汗と混じりあった足の角質(垢)・皮脂などを栄養源として雑菌が増殖し臭いの原因となるんです。

 

ですので足が臭う悩みを持っている方は、化学繊維の靴下は絶対に避けた方がいいです。

 

ただ、スーパー、ファストショップで販売されている靴下はほとんどがこんな材質で作られています。

 

足の臭いが気になる方は、天然素材100%使用の靴下がおすすめです。

 

ただし、ゴムの部分だけ化学繊維が使われているのはOKです。

  • 綿
  • シルク
  • ウール

どれも吸湿性は抜群なので足の汗をしっかりと吸収してくれます。

吸湿性

保温性

放湿性

強度

肌触り

発色

コスト

綿

ウール

シルク

靴下に染み付いた臭いを確実に取る裏技、洗い方!

消臭靴下といえども、臭うことはあります。

 

消臭靴下でなくても、この方法で行えば染み付いた靴下の臭いを簡単に取ることができます。

 

靴下が臭うのは臭いを発生する雑菌が繁殖しているからですが、
この臭い雑菌は熱に弱いので熱を加えることで死滅させることができます。

 

家にスチームアイロンがあれば高熱のスチームを靴下に吹きかけるだけで臭いの元である雑菌を死滅させ臭いを断つことができます。

 

スチームアイロンが無い場合は、60℃の熱いお湯に靴下を1時間ぐらい浸けておきます。

 

そのあとに、洗濯洗剤を使って洗えばOKです。

 

ただ、どちらも事前に靴下の選択表示を確認しておいてください。

 

高熱により繊維が駄目になってしまう場合があります。

 

洗濯方法の見直し

靴下を洗濯するときは、皮脂がこびりついている裏側がよく洗えるように必ずひっくり返しておきましょう。

 

洗濯洗剤は除菌・抗菌機能のある洗剤を使います。

 

 

靴下の臭い解消できたら次は靴の臭いを消しましょう。
消臭靴下 効果足が臭くならない靴

 

 

足の臭いを消す方法:TOPページ