ホウ酸 使い方

足の臭い消臭にホウ酸を使う方法

ここではホウ酸の使い方を解説していますが、足の臭いを解消するためのホウ酸の使い方です。

 

目の洗浄やゴキブリ退治のホウ酸団子の作り方は解説していません。

 

目の洗浄やホウ酸団子の作り方を知りたい方は、詳しく説明しているサイトがあるのでそちらをご覧ください。

ホウ酸といっても、聞きなれない方が多いと思いますが、昔はゴキブリ退治に使用するために、家庭でホウ酸団子をつくっていました。

 

足の臭い対策にホウ酸

プールに入った後の結膜炎の予防、目がゴロゴロした時の目の洗浄剤などとしても使われています。

(近年、洗眼用には生理食塩水の方が安全と考えられ、今日眼科でホウ酸を洗眼用に使用している所はありません。)

 

また、うがい薬や鼻スプレーなどにも使われています。
(今日ではホウ酸を消毒に用いることもなくなりました。)

 

そんなホウ酸ですが実は足の臭い対策にも有効に働くのです。

 

ホウ酸はドラッグストアで500グラム300円〜600円程度で販売されている粉状の薬品です。
抗菌力、防カビ効果があります。

 

ホウ酸の使い方は、直接足に使う方法もありますが、主に靴下や靴の消臭に使います。

近年、ホウ酸は毒性が注目されるようになってきました。

 

ホウ酸 使い方の注意点も詳しく紹介しているので参考にしてください。

 

>>ホウ酸 使い方の注意点

靴の消臭

直接振りかける

靴の中に、直接ホウ酸を小さじ半分ぐらいをいれておくと時間の経過とともに臭いが和らぎます。

お湯に溶かす

足の臭い対策にホウ酸

大さじ2杯程度を、洗面器やバケツにお湯を2リットル用意しその中に入れます。

よくかき混ぜてから、靴をそのホウ酸水に漬けこみ5分ほど時間を置きます。

 

その後、靴を取り出し水で軽くゆすいだあと、水を切り日光に当てて乾燥させます。
紫外線に当てることで更に細菌を殺菌してくれます。

 

*ここで使用できる靴は革靴はもちろんNGで、布製のスニーカーなどです。
お湯に漬けることで縮んでしまう可能性がある時には使えません。

靴下の消臭

靴下を洗濯してすすぎを十分に行った後、
お湯1リットルにホウ酸大さじ1杯を溶かした洗面器に靴下を浸します。

 

その後は、靴下をよく絞り天日で乾かします。

直接足に使う

ホウ酸をお湯に溶かして足湯として使う方もいますが、健康な皮膚なら問題ないのですが、傷や炎症がある場合はホウ酸が吸収されるので使わないようにして下さい。

足湯として使う場合

洗面器やバケツなどにお湯2リットルを用意しホウ酸を大さじ1杯程度いれます。

 

よくかき混ぜたお湯の中に、足を5分程漬けたあと、よく洗い流し清潔なタオルで水分を拭き取ります。

ホウ酸 使い方の注意点

ホウ酸は、昔に比べてその毒性が注目されるようになってきました。

 

使用も制限されつつあります。

 

ゴキブリ駆除剤として使われ事からわかるように毒性があるので、
直接、なめたり、口に入れたりしてはいけません。

 

ホウ酸を飲みこんだりすると全量が消化器系から吸収され神経中枢に影響を与えます。

 

発ガン性は確認されていませんが、吐き気・嘔吐・下痢などの症状がでます。
濃度が高い水溶液が直接、皮膚に付着した場合は炎症を起こす事もあります。

 

粉状の状態では、正常な皮膚からは吸収されることはありませんが、傷ついた皮膚からは粘膜を通じて吸収されます。

 

ホウ酸 使い方

小さいお子さんやペットがいるご家庭では誤飲を防ぐためホウ酸の管理は十分に気をつける必要があります。

 

妊娠または授乳中は使用を控えてください。

 

できれば、足の臭い対策にはホウ酸ではなく、ミョウバン重曹で靴の臭いを改善し、直接の足の臭い対策にはデオドラントクリームで解消することをおすすめします。

 

クリームを使うことで、防臭、制汗、殺菌だけでなく角質ケアをすることもできるからです。

 

デオドラントクリームは数多くありますが、、防臭、制汗、殺菌の3つの成分はほとんどが配合されているのですが、角質ケアの成分まで含まれているデオドラントクリームは少ないです。

 

足の臭いの根絶を考えるならぜひ、4拍子そろったデオドラントクリーム「ノーノースメル」をおすすめします。

 

「ノーノースメル」は医薬部外品で、もし使用して効果を感じられなかったらクリーム1個をすべて使い切った後でも全額返金保証してくれます。

 

足の臭いクリーム

 

足の臭いクリーム

ノーノースメル口コミ

H・Y様(20代・女性)
毎朝、出勤前に足の臭い対策をしてから出かけるのですが、時間が経過すると足の臭いが必ず発生していました。

 

ズット悩んでいたのですが、ノーノースメルを利用してからは時間がたっても全然ニオイがしなくなりました。

 

足が1日中サラサラの状態でとても快適です。
使いはじめは半信半疑でしたが期待以上の効果で喜んでいます。

E・K様(30代・女性)
ノーノースメルを初めて塗ったその日から、足がサラサラするのを実感できました。

 

1日でノーノースメルを手放せなくなりました。
とても塗りやすくラベンダ―ミントの香りも気に入っています。

小森由隆(30代・男性)
しっとりするけれど、全然べたつきを感じません。
使い始めて2週間がたちましたが、あの足の不快な臭いが減ってきているのを実感しています。

 

このまま完全にニオイが消えるまで使い続けます。

足の臭いを取る方法:TOPページ

ホウ酸 使い方関連ページ

イソジン
足の臭い対策にイソジンを使用することは効果的です。イソジンには強い殺菌効果あります。直接塗る方法と、足湯として使用する2つのやり方を紹介します。
木酢液
足の臭い対策に木酢液は昔からよく知られていますが、肌に使用するには不適切な粗悪品もあります。木酢液の選び方、使い方を説明します。
イソプロピルメチルフェノール
イソプロピルメチルフェノールは足の臭い対策には有効です。顔ニキビや背中ニキビに有名な成分ですが抗菌・殺菌効果にすぐれ足の蒸れから増殖する皮膚常在菌を抑えてくれます。
トリクロロカルバニリド
トリクロロカルバニリドが配合された石鹸で足を洗うことで足の臭いを抑えることができます。普通の殺菌成分では減菌できない足の臭い菌(グラム陽性菌)に効果を発揮します。
アルコール
足の臭いはアルコール(エタノール)で解消できる?残念ながら足の皮膚が肌荒れする事はあっても、足の臭いは改善しません。詳しく説明します。
インソール
足の臭いを改善するのにインソールがあります。消臭・抗菌効果があり通気性に優れたインソールを選ぶことで足の臭いは軽減できます。ただ、間違ってもインソールを靴の中に入れっぱなしにしないでくださいね。足がさらに臭ってしまいますよ。
ミョウバン
足の臭いにミョウバンを使うことはとても効果があります。殺菌、収れん、制汗、中和の4つの効能で足の臭いをミョウバンが消臭します。スプレーボトルで持ち運ぶこともでき、外出先でもスッと使うことができます。靴下や靴の消臭にも使うことができます。
重曹
足の臭いを無くすには重曹が効果的です。足の臭いの原因菌であるイソ吉草酸を弱アルカリ性である重曹が中和させ無害化してくれます。靴の中にも直接入れることで靴も消臭ができます。
お酢
足の臭い対策にお酢は効果があります。酢は足の酸っぱい臭いであるアルカリ性のアンモニア臭を酸性の性質で中和させ消臭させます。お酢を入れた足湯を使うことで血行もよくなり冷え症も改善できます。しかしイソ吉草酸は同じ酸性なのでお酢の効果はありません。
クエン酸
クエン酸は、ツーンと酸っぱい足の臭いを消してくれます。クエン酸を使った4つの使用方法を説明します。また、クエン酸飲料をつくることで、体の外から中からも消臭することができます。
漢方
足の臭い対策に漢方は有効です。化学的に作られた薬物よりも、副作用の心配があまりない、漢方薬を利用することで長期的な体質改善もでき、安心です。保険適用もあります。まずは専門医に相談してみましょう。
緑茶
足の臭いは緑茶で消臭できます。それも飲み終わった後の「出がらし」でOKです。 足の臭いの消臭だけでなく靴の臭いや下駄箱の臭いまでも消臭してくれます。
ハッカ油
足の臭い対策にハッカ油は効果的です。殺菌・消臭効果があります。足の臭いが強い方には向きませんが軽い方には足の臭いを軽減させることができます。使い方を説明します。
パウダー
足の臭いにはパウダーが効果的です。パウダーで有名なのはベビーパウダーです。他にもフットクリア、グランズレメディがよく知られています。しかしメリットもあればデメリットもあります。足の臭い対策に最適なパウダー製品の全てを紹介します。