ひどい足の臭いを取る方法!足汗を改善する12の対策を徹底検証!

足汗を改善することで足の臭いを消すことができます!

足の臭いを取る方法

  • 足が臭いと、靴を脱がなければいけない場面では、本当に泣きたくなりますよね。 その恥ずかしさは、想像するだけで胸が苦しくなります。


  • 好きな人と2人で部屋でくつろごうとしても、足の臭いをいつ気づかれないかドキドキして落ち着けません。 畳などに座る時には、もう最悪です。


  • あなたが好きな人に、あなたの足の臭いが「ツン」と臭ったらどう思うでしょう? 想像したくないですよね。逃げ出したくなってしまいます。 


  • デートだけではありません。突然の飲み会で靴を脱ぐ時なども本当に困ってしまいます。
現在こういったことで悩んではいませんか?

足の臭いは「職場や家庭で、なんとかしてほしいけれど、中々相手に言い出しづらい」代表格です。

あなたは、自分の臭いに自覚しているのでこのサイトに訪れたと思うのですが、
ひょっとしたら、あなたの知らないところで足の臭いで周りに迷惑をかけている可能性がありますよ。

全国の女性20歳〜39歳を対象に実施した「足のニオイに関する調査」では、72.3%の方が足の臭いが気になるという調査結果がでています。

10人の女性がいれば7人以上の人が足の臭いを気にしていることになります。

ただ、実際の足の臭いの対策をしようとしても、足の臭いを取る方法は世間には山ほど出回っています。

この中から一つを実践しようとしても、一体どの方法が効果があるのか迷ってしまいますよね。

そこでこのサイトでは、足の臭いを取る方法として何が本当に有効なのか?を徹底的にお伝えしようと思います。

あなたが足の臭いを取るために、すべきことは何なのかはっきりとわかると思います。


まず足がなぜ臭うのか原因を知ることが大事!

足の臭いを取る方法

足の臭いを取る方法について書いていこうと思うのですが、そもそも足が臭う原因っていったいなんなのでしょうか?

まず対策を知る前に、足が臭う原因がわからなければ対処のしようがありませんよね。

なので、まずは足の臭いの原因についてお伝えしていこうと思います。

足の臭いの原因

足の臭いの原因の100%は足汗です。

足の汚れ、靴や靴下の汚れは二次要因です。

足汗が出ることで、靴の中で汗と一緒に流れ落ちた皮脂や角質、爪垢などが、
足に常在する細菌(表皮ブドウ球菌やバクテリアなど)の栄養源(エサ)として分解されます。

その時に出す細菌の老廃物(脂肪酸)がニオイを発するのです。

足汗を抑えることができれば足の臭いの根本原因は解消できるのです。

足の汚れは毎日お風呂に入ることで、靴下は洗濯したものに毎日取り換えることで、
靴は定期的に洗うか、間隔を空けて履くことで足が臭うことはありません。
足汗の原因
  • 精神性発汗
  • 肥満
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生活習慣の乱れ
  • 病気
足汗の原因はこれら5つが原因です。それぞれ順番に見ていきましょう。

興奮や緊張、強いストレスによる「精神性発汗」が足汗の原因に!

手に汗を握るとよく言いますよね。

これと同じことが足にも起こるのです。

強いストレスを受けたり、緊張、興奮したりすると体内にアドレナリンが発生することで、交感神経が働き足汗が出るのです。

「肥満」になると体温の上昇を防ぐために足汗が出る!


肥満の方は皮下脂肪や内臓脂肪が多いので熱を外に逃がしにくい体質になっています。

それで汗をかくことで体温上昇を防いでいるのです。

交感神経が優位になる「ホルモンバランスの乱れ」で足汗に!

ホルモンバランスが乱れることで、交感神経と副交感神経のバランスが保たれなくなります。

副交感神経が優位になリラックスしている状態は問題ないのですが、
交感神経が優位になっている状態では足汗が出やすくなります。

「生活習慣の乱れ」は自律神経が乱れて足汗の原因になる。

睡眠が不足すると自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経との調節が効かず足汗がでます。

食事では辛いもの、熱いものを食べることで「味覚性多汗症」につながることがあります。

「病気」が原因の場合は全身から汗が出ます。

  • 更年期障害
  • 自律神経失調症
  • 甲状腺機能亢進症
  • 糖尿病
  • 結核
  • 内分泌系異常
  • 中枢神経の病気
全身から汗が出るときは、これらの病気にかかっていることが考えられるので医師に相談しましょう。

足汗の症状は3段階あります!

足の臭いを取る方法

足汗の出具合によって症状を3段階のレベルに分けることができます。
足汗のレベル別症状
  • レベル1 : 足の裏が湿っている。
  • レベル2 : 足の裏に汗の水滴ができる。
  • レベル3 : 足の裏の汗が垂れてくる。

あなたの足汗のレベルはどれに当たりますか?

レベルの段階により、ここで紹介する方法が合うのか合わないのか決まってくるので、一緒にチェックしていきましょう。

12通りの足汗対策を比較しました【おすすめ度順】

足の臭いを取る方法

まず、足汗を止める方法としては大きく2つに分かれます。
  • 自宅で対策する方法
  • 病院で対策する方法

自宅で対策する方法

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

足汗対策グッズ

約5,000円

靴下

約1,000円

ツボ

×

×

0円

重曹

×

×

約500円

ミョウバン水

×

×

約500円

漢方薬

×

×

×

約2、000円

足汗を止める方法としては、足汗対策グッズを使うのがおすすめですが、足汗レベルが3の場合は次の病院での対策方法になります。

病院で対策する方法

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

イオントフォレーシス

×

約10,000円

内視鏡外科手術(ETS手術)

×

約10万円

塩化アルミニウム治療

約4,000円

ボトックス注射

×

7万円〜10万円

飲み薬

×

約5,000円

胸腔鏡下交感神経遮断術

×

×

約10万円

最もおすすめはイオントフォレーシスですが、毎月のコストは自宅でできる方法よりも高くなってきます。

レベル3の方は病院で、レベル2までの方は自宅での対策をすることが推奨されます。

それぞれの方法をもう少し詳しくお伝えします。

自宅でできる足汗対策!

足の臭いを取る方法

レベル2までの足汗にはクリームなどの「足汗対策グッズ」が最もおすすめ!>

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

約5,000円


「足汗対策グッズ」には、スプレー、クリームやジェル、パウダーなど色々な種類があります。

ほとんどが「医薬部外品」なので足汗対策に効果があると認められています。

主な主成分「イソプロピルメチルフェノール」は殺菌、抗菌効果があり足の臭い菌の抑制もしてくれます。

もちろん、安全が高い成分です。

足の臭いを取る方法


「靴下」は足汗に有効!しかし、根本的な解決にはなりません

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

約300円

靴下も足汗を吸い取る吸水性にすぐれていて、通気性が良い高性能の製品も開発されていますが、あくまでその靴下を履いている時だけの効果で根本的な解決にはなりません。

足汗対策に「ツボ」を押しても効果は期待できません。

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

×

×

0円

ツボ対策は、直接足汗を止めるのではなく、自律神経を整えることで足汗を予防するというものです。

労宮(ロウキュウ)
手をギュッと握った時に中指と薬指が当たる真ん中当たりのツボです。
気持ちをリラックスさせる効果があります。

復溜(フクリュウ)
足首の内くるぶし側からアキレス腱にそって上に3〜4cm上がった場所にあります。
代謝の向上、下半身の血行促進に効果があるとされています。

至陰(シイン)
足の小指の爪の横の外側に位置します。
下半身の冷えを取り、血液循環をよくします。

重曹は足汗、臭い対策に効果があります。

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

×

×

約500円

重曹はニオイを持った足の水分を吸着し取り除いてくれます。
水分を取り除いてくれることで、足が蒸れるのを防いでくれる効果もあります。

また重曹はアルカリ性なので足の臭い原因菌である「イソ吉草酸」の臭いを中和することができます。

ただ、重曹はお掃除の裏ワザとしてよく使われ頑固な汚れを落とすことができるほど強力な成分です。

必要以上に使用すると皮膚の表面を溶かしすぎ痛みを感じることもでてきます。

足汗対策にミョウバン水は効果あり?

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

×

×

約500円

足の臭い対策でよく見かけるのがミョウバン水対策です。

ミョウバンはたんぱく質を変性させ組織や血管を縮める収れん作用があるので、この収れん作用効果で汗腺が収縮させ汗を出にくくさせます。
制汗剤にミョウバンが使われているのもそのためです。

しかし、自分で直接ミョウバンを購入して使用することは、かぶれや足荒れの原因につながることもあるので、あまりおすすめはできません。

漢方薬は副作用の心配もあるのでおすすめしません。

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

×

×

×

約2、000円

足のツボ対策と同じで、漢方薬は直接足汗を抑えるというものではなく、自律神経に働きかけて交感神経を落ち着かせることで足汗を抑えるというものです。

漢方薬は飲み薬だし副作用の心配もあるので足汗対策にはおすすめしません。

病院でできる足汗対策!

足の臭いを取る方法

病院で診察してもらう時は、「皮膚科」で受診します。

手術をしない「イオントフォレーシス」

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

×

約10,000円

「イオントフォレーシス」はタライのような器に水を浸しそこに微弱電流を流すことで汗腺が汗を作れなくするようにする治療方法です。

保険が適用できます。

治療回数は1週間に1回の割合で、効果が出始めたら2〜3週間に1回の割合で治療の間隔を開けていきます。

最終的には12〜20回ほどの通院が必要です。
治療時間は毎回20分程度で、足汗レベルが2〜3の人におすすめです。

重度の方は治療が終わってもしばらく通う必要がでてくる場合もあります。

「内視鏡外科手術(ETS手術)」1回の手術ですみます。

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

×

約10万円

「内視鏡外科手術(ETS手術)」は、足蹠(そくしょ)多汗症で推奨される治療法です。

ワキの下から内視鏡が入る2mmほどのメスを入れ、内視鏡を使って神経を切断します。

手術は40分程度で終わるので日帰りですみます。

ただ、人間が1日に発汗する汗の量は決まっているので、足からの汗は止まりますが、体の他の場所から汗がでてくるようになります。

「代替性発汗」というのですが、まずは手術をする前に担当の医師と十分に話し合う必要があります。

塩化アルミニウム治療

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

×

約4,000円

皮膚に疾患がないときには、足の裏に塩化アルミニウムを塗布することで足汗を抑えることができます。

病院の院内製剤として処方されますが、市販でも販売されているので自宅でも手軽に行うことができます。

効果は一過性なので継続治療が必要です。
使い方によっては刺激皮膚炎などの副作用が出ることがあるので、医師の診断を受けることをおすすめします。

「ボトックス注射」は効果はありますがコストがかかります。

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

×

7万〜10万円

塩化アルミニウムの塗布で効果がないときに行います。

「ボトックス注射」は名前の通り注射ですので施術時間は十分ぐらいで済みます。

ポツリヌス菌を注射することで神経の伝達をするアセチルコリンという伝達物質の働きを阻害することで足汗を止めます。

1回の注射で個人差はありますが3ヶ月ぐらい効果が持続します。

ただ、保険が効かないので高価なこと、継続的に通い続ける必要があるので費用も時間もかかってきます。

副作用もなく足汗が多く発汗する夏の時期だけの期間限定で治療する方法もあります。

「飲み薬」は副作用の心配があります

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

×

約5,000円

飲み薬は日本で唯一多汗症治療で認可が下りている「プロバンサイン」です。

アセチルコリンの働きを抑えることで足汗を抑制します。

服用して1時間ほどで効果がではじめ5〜6時間持続します。

1日当たり必要に応じて2〜3粒飲むことになります。

ただ、「プロバンサイン」には副作用があり、胃腸障害や、目や口の乾き、顔のほてりなどの影響がでます。

飲み過ぎると体が慣れてきて効果が薄れていきます。

「胸腔鏡下交感神経遮断術」はおすすめしません

レベル1

レベル2

レベル3

コスト

×

×

約10万円

「胸腔鏡下交感神経遮断術」は全身麻酔をする手術になるので入院が必要になります。

手術は1時間ほどですみますが、胸を開胸することになるので大きな傷跡が残ります。

これで足汗はなくなるのですが、100%「代替性発汗」が起こります。

人間は発汗する汗の量は決まっているので、足からの汗が止められると、他の場所から汗を発汗することになるのです。

主に、胸、腹部、大腿部などに影響がでてきます。

後で後悔する方もいるので、先生の説明をよく聞いて納得してから行う必要があります。

病院に行く前に自宅でできる足汗を止める足汗対策グッズがおすすめ!

足の臭いを取る方法

これまでに足汗を抑えるたくさんの対策を見てきましたが、当サイトでは足汗対策、足の臭い対策には足汗対策グッズをおすすめします。

足汗対策グッズをおすすめするのには4つのポイントがあります。

1. 制汗と消臭が同時にできる。

足汗を抑える制汗作用と、足のニオイ菌を抑制する殺菌効果があるので、効果が早く実感できます。

2.足汗を止めるだけでなく臭い菌を抑える殺菌効果がある

足汗対策グッズには制汗成分だけでなく、「イソプロピルメチルフェノール」という足の臭い菌を抑える「殺菌作用」「抗菌作用」がある成分が含まれています。

「イソプロピルメチルフェノール」は強力で安全なので足の臭い対策だけでなく、ニキビのアクネ菌への効果、水虫、カビ防止など、様々な用途に使われています。

3. 持ち歩きに便利で、手軽に使える!

足汗対策グッズは使い続けるほど足汗の体質を改善してくれるので、使いやすさはとても大事になります。

1回きりのその場しのぎの対策とは違います。

4. 医薬部外品なので安心!

厚生労働大臣が認めた医薬部外品なので「効果がある」と国が認めている商品です。

安心感があり、安全性も保障されています。

【リスクなし!】足汗対策グッズのおすすめランキング

「足サラ」

足の臭い消臭グッズ タイプ別一覧


制汗剤はドラッグストアなどに数多くの種類が販売されていますが、どれも一時的な効果で持続性がありません。

その点「足サラ」は朝1回スプレーするだけで長時間の効果が期待できます。

「足サラ」は薬事法で定められた「医薬部外品」なので改善効果が期待できます。

モニター調査では、97.7%の人が効果を実感し、アンケート調査では、「足汗対策 信頼できる商品」で第1位に選ばれています。


足の臭いを取る方法


足の制汗・消臭:クリーム

クリーム利点は、足の雑菌に直接働きかけ持続性があることです。

制汗・消臭クリームでは2つがおすすめです。
クリアネオ

足の臭いを消す消臭グッズ

クリアネオはワキガ対策で名前が知られていますが、足の臭い対策、制汗剤としても使用されています。
無添加・無香料なので肌に優しくお子さんから年配の方でも使用できます。

医薬部外品で2017年モンドセレクション銀賞も受賞し、品質は世界に認められています。

効果が持続するので朝1回の使用でOK。
もし、効果が実感できなければ使用後何日後でも返金OKの永久保証制度があります。

足の臭いを取る方法


ノーノースメル
ノーノースメルも薬用(医薬部外品)で返金保証もついています。

足の臭いを消す消臭グッズ

クリアネオとの大きな違いは価格と効能です。
価格はクリアネオよりも約4割ほど安いです。

また、効能も足の臭い対策である防臭、制汗、殺菌効果はもちろんですが、角質ケアも含まれています。

夏の熱いときなどは素足で出かける機会も増えると思いますが、ザラザラのカカトでは恥ずかしいですよね。

いきなり、カカトをヤスリで削ったりしても炎症を起こす危険性もあります。

ノーノースメルは足の臭い対策で使用しているうちに、自然にカカトなどの角質ケアもしてくれます。

足の臭いを取る方法


まとめ

足汗がレベル3の方は、足汗対策グッズでは改善が難しいので重度の方は皮膚科に相談することをおすすめします。

足汗レベル1〜2の方は足汗対策グッズがおすすめです。

足汗が靴に染み付いてしまったので足汗が改善されても足が臭う方は、この商品を使ってみてください。


早ければ1回の使用で靴の臭いが解消されることもあります。

少なくとも半月ぐらい使用すれば靴の臭いは無くなるはずです。

足の臭いを取る方法「フットクリア」公式サイト

フットクリア 効果



足汗が改善されるまでの期間、こんな靴下もおすすめです。

岡本の消臭靴下「SUPER SOX」は2004年に開発されて以来、累計販売数が1,000万足以上販売している知る人ぞ知る人気商品です。

愛用者の中には10年以上履き続けている方が多勢います。
岡本の靴下は、足の臭い対策だけでなく、吸湿性もすばらしく蒸れ対策にもばっちりです。

岡本の消臭靴下は5日間履き続けても臭わないウール100%靴下。

消臭靴下は色々なメーカーが出していますが、ムレない靴下は岡本の「SUPER SOX」だけです。

足の臭いを取る方法ムレない、におわないSUPER SOXはこちら





足 の 臭い を 取る 方法:TOPページ


しかし、安心して下さい。ここで紹介する足の臭いを取る方法で、あなたの悩みは解決するはずです。ここで紹介する方法で足の臭いが消えない時は、内臓疾患や糖尿病の心配があります。身体の免疫力が低下しているので雑菌が増えやすく、足の臭いだけでなく口臭や体臭もきつくなったりします。そんな症状の場合は一度病院の先生に相談してみてください。足の臭いは赤ちゃんみたいなスベスベの足裏を作ることで大きく改善します。スベスベの足裏つくりにはクリームも軽石もいりません。足が臭うのは、硬くてガサガサした足裏が大きな原因の一つですが、これを改善しようと「尿素」を配合した保湿クリームを塗るのは逆効果です。尿素はタンパク質変性作用を利用して角質(タンパク質)を溶かすのですが、塗ると見た目は解消したように見えるかもわかりませんが、角質は排除されるほど、これをリカバリーしようとして増えるので逆にかかとが厚くなってしまいます。軽石ややすりで足裏を削るのも同じ理由で逆効果です。かかとの皮膚を剥がすフットピーリングも同じです。タンパク質変性作用を持つ「AHA」「BHA]などの酸を塗ることで皮膚を剥がしているのです。消しゴムのカスみたいなものがポロポロ出てきますが、「角質がいっぱい取れた」と思わないでください。このカスは角質ではなくピーリングジェルに含まれる「ゲル化剤」が固まったものです。塗った後に足裏がスベスベするのは、柔軟剤などに使う陽イオン界面活性剤が含まれているからです。また、ピーリングによって急ピッチで新しく生まれた皮膚はバリア機能が完全に出来上がってない上に、タンパク質変性作用で雑菌の繁殖を抑えているので皮膚常在菌も減菌され、バリアが弱まり足は水虫にかかりやすくなったり、靴を履いた時には靴からの雑菌でより足が臭うようになってしまうのです。女子はヒールを履くせいでかかとが硬くなる人が多いですが、なるべくスニーカーやシューズを履くことで足裏は改善されます。ヒールを履くときには、厚手のタイツや靴下、衝撃を抑えるインソールの併用をおすすめします。ただ、このやり方は確実なのですが改善には1年ほどの期間がかかります。足の臭いが待ったなしの方は次に紹介する方法を参考ににしてみてください。短期間で足の臭いを消すには足の臭いを消す靴下の臭いを消す靴の臭いを消すの3つを同時に行うことがが重要です!臭いは 足⇔靴下⇔靴 と移動します。「靴」「靴下」「足」のどれか1点だけをケアしても、他の2点がケアできていなければ臭いの原因菌が移ってしまってまた臭ってしまうのです。足が臭ったら、できれば同時に「靴」「靴下」「足」のケアをしてください。同時に3つのケアを行うのが最も早く足の臭いを解消する方法です。関連記事:突発的な出来事(ピンチ)時の足の臭いを取る方法足の臭いを取る方法足の臭いを取る方法足を洗う前に、浴槽によく浸かるか足湯で足をしっかりと湿らせ汚れを浮かび上がらせてから石鹸で洗います。足指や爪の間を重点的に洗い、石鹸カスなどが残らないようにしっかりと洗い流す。足を洗ったあとは、水分をしっかりと拭き取ってください。爪もきちんと手入れをしておくことが大事です。★詳細記事:足のケア靴下の臭いを消す方法化学繊維でなく天然繊維で作られた吸湿性の良い靴下を履くようにします。通常の洗濯で靴下の臭いが取れない時は重曹水に一晩、漬け込み、すすいだ後に洗濯機で洗います。洗濯後にアイロンをかけて熱による殺菌をすると臭いは完全に取れます。★詳細記事:靴下のケア靴の臭いを消す方法スニーカーのように洗える靴は、丸洗いして雑菌や汚れを落とし風通しの良い場所で天日干しをします。革靴等の様に洗えない靴は、同じ靴を連続して履くのはやめて、中2日間は空けてその間に風通しの良いところで陰干しをします。職場で靴を履き替えれるのなら、履きっぱなしは避けてサンダルなどに履き替えるとよいでしょう。★詳細記事:靴のケアストレスや水虫でも足が臭います。ストレスケア水虫ケア足が臭う原因は日頃の食生活にも大きく関係しています。足の臭いを取る方法足の臭いを強める食べ物足の臭いを取る方法:症状に合わせた対策足汗、足、体内、靴、靴下など、足の臭いの症状に合わせて足の臭いを取る方法を選んでみて下さい。足汗が他人よりも多くでるそもそも足自体が臭うどうも体内から臭っているようだ靴の臭いがひどすぎる靴下に臭いが染み付いて洗っても落ちないなどタイプ別に足の臭いを取る消臭グッズを紹介しています。足の臭いが酷い場合は、靴と足の消臭を並行して行います。軽い場合は、足だけでいいでしょう。しかし、靴に臭いが染み付いている場合は靴の消臭も同時に行います。足汗が異常に多い場合は、制汗剤だけで解消するケースもあります。いろいろ試してみたけれど改善しない場合は体内に原因があるかも?足の臭いを取る方法足の臭いを取る方法足の消臭:消臭クリーム足の臭いを取る方法足の臭いを取る方法足汗対策:制汗剤足の臭いを取る方法足の臭いを取る方法靴下の消臭:消臭スプレー足の臭いを取る方法足の臭いを取る方法体内からの消臭:消臭サプリ足の臭いを取る方法足の臭い症状別、消臭対策足の臭いを取る方法足の臭い消臭スプレーとか、足の臭いを消すクリームを使わないで、できたら足の臭いを消したいですよね?毎日、風呂場で爪ブラシも使って足をしっかり洗っているのに、風呂から上がって身体を拭いてソファに座ったら下から臭いが立ち込めてくる方もいます。足の臭いは正しく洗えれば解消します。足の臭いを取る方法足の洗い方お風呂に入った時に、あなたは体のどの部分から洗いますか?多くの方が上から順番に洗っていって足を洗うのが一番最後というパターンです。しかし、これでは足のニオイが気になる人には不十分な洗い方なんです。というのは、ボディソープの効果は足を洗う頃には随分減ってしまっているからです。アシの洗浄は、いったん足以外の体を洗い終えたら、いったんウオッシングタオルを洗い流して下さい。そして、新しくボディーソープをつけて足を洗うのです。足を洗う時でも重点的に洗う場所があります。それは指と指の間です。この場所は水虫が出来やすい場所でもあり、アシのにおいが発生する場所でもあるのです。ウオッシングタオルでは洗い漏れが多いので、古い角質や雑菌が残ってしまいます。指と指の間は手の指を使って、しっかり洗うようにして下さい。足の洗い方足の指を石鹸でしっかり洗う足の裏は入念に洗う方は多いと思うのですが、意外と足の指の間がおろそかになっている方がいます。足の臭いを取る方法足の裏には皮脂線はありませんが、足の指の間には皮脂線があり皮脂や角質が出やすいところです。また、足の裏や足の甲は靴下などの布によって覆われていますが、指の間は布に覆われていない為、汗や皮脂の吸着ができず湿度もあがりイソ吉草酸が繁殖しやすくなります。ですので足の指の間もしっかりと洗うようにして下さい。知っていますか?足の臭いは足を洗いすぎても逆効果の結果になることを?ここで注意してほしいのですが、あまりゴシゴシと擦ってしまうと皮膚を守ってくれる善玉菌までも取りすぎてしまい、皮膚の免疫力が落ちてしまいかえって悪玉菌のイソ吉草酸が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。足はボディソープで洗うのではなく固形石鹸で優しく泡立てて足を洗うようにしましょう。保湿効果がうたい文句のボディソープや石鹸は足の消臭対策には向いていないので使い分けるようにして下さい。関連記事:足の臭いを消す石鹸、足の洗い方も詳しく紹介深爪はしない深爪をすると、爪が足の肉に食い込むことで痛みや出血を起こしたりします。このまま靴を履き続けると、靴の中で蒸れた足の傷に菌が入り込み化膿することで悪臭を発します。爪を切る時には、深爪をしないように少し余裕を残して切るようにしましょう。また、深爪を続けていると知らないうちに巻き爪になってしまうことがありますよ。イソ吉草酸はミョウバンでは消えないまた、ミョウバンを使ったのに臭いが消えないという方もいますが、足の臭いのほとんどはイソ吉草酸が原因です。イソ吉草酸は名前の通り酸性です。ミョウバンも酸性なので臭い成分を中和させれません。こんな時は、重曹のようなアルカリ性の物質を使い中和させ足の臭いを消せれます。頑張って足のケアをしているのに足の臭いが消えないのは、つまり、あなたの足のケアの仕方が間違っている可能性が大なのです。それに足から出る汗は無臭なので本来は匂いません。それが匂うのは汗が常在菌と結びついて異臭を放つイソ吉草酸を発生させるからです。イソ吉草酸は汗のような分泌物と違って洗ってもなかなか落ちにくい性質を持っています。イソ吉草酸の臭いはアルカリ性の重曹を使ってニオイを中和させるのが一番効果的です。関連記事:「重曹水」の作り方、洗い方足の臭いを取る方法:薬用クリーム足の臭い専用石鹸、重曹でも効果がでなかったら医薬部外品の薬用クリームで臭いを解消します。病院に行っても抗菌系クリームが多く処方されます。クリームタイプの方がスプレーよりも効果的で持続性もあります。無香料タイプがおすすめです。医薬部外品である薬用クリームを紹介します。>関連記事:足の臭いを消す薬用クリームおすすめしかし、あなたの足の臭いが消えても靴やパンプス、スニーカーなど日頃から履いている履物が臭っていれば、また履物から足に臭いが移ってしまいます。ですので、靴にニオイが染み付いたら、いくら足をキレイにしてもまた足にニオイが移り、足も臭くなります。結局、これが繰り返されるので足の臭いが消えないのです。足の臭いを消す確実な方法足と靴の両方のニオイを消すことです。靴下の臭いを消す方法足の臭いを取る方法>足の臭いを消すには、これまで読み進めてもらったように足をきちんと洗い、靴の消臭ができれば足のニオイは消えます。でも、ここで意外な大事な盲点があります。それは靴が臭うのは靴下からなんです。靴の中の足の臭いは靴下に蓄積されます。表面積が広い繊維質の靴下にはニオイがどんどん吸着され、このニオイが靴に移るのです。つまり、靴下を無臭化できれば靴にも臭いが移らないので臭わなくなるんです。足の臭いを取る方法:靴下の除菌重曹水を使う方法靴下の臭い解消には重曹水に一晩つけておくと効果があります。重曹水をつけた後は、良くすすいだ後にいつも通り洗濯機で洗います。洗濯機に直接、重曹水を使用して洗濯をすると重曹が洗濯機の内部に詰まってしまいます。故障の原因にもなるので、洗濯器には使用しないで必ず手洗いするようにして下さい。2度洗いする洗濯するまえに、殺菌力のある石けんで手洗いをします。その後に、洗濯をして下さい。熱湯につける熱による殺菌ですが沸騰していなくて大丈夫です。化繊などは素材によって痛む心配があるのでお湯につける前に洗濯表示を確認してください。お湯は60℃以上であればOKです。足の臭いを取る方法アイロンをかけるアイロンの熱でニオイ菌を殺します。洗濯の前は抵抗がありますから洗濯後で大丈夫です。他の方法1.逆性石鹸に浸した後に洗濯する。2.漂白剤に浸した後に洗濯する。です。色物のストッキングや靴下を漂白する場合は、色柄物用の酸素系漂白剤を使えば大丈夫です。これで、あなたのアシに雑菌が移される心配はなくなりました。さあ、いまからでもあなたの靴下を取り出して、片っ端から洗いましょう!実は、200人分の汗のニオイもたった3分で消臭してしまうという凄い靴下があるんです。急速分解消臭靴下「デオルソックス」といって、TV・ラジオ・新聞・雑誌などでも取り上げられたりしているので、ご存じの方もいると思います。汚い話ですが、靴下にオシッコをかけられても数十秒でニオイが消えるという優れものなんです。足の臭いを取る方法アシのニオイが3分で消える靴下「デオルソックス」だけでなく、「靴下屋(タビオ)」や「ユニクロ」などの消臭靴下もこちらで比較紹介しているので参考にしてみてください。関連記事:消臭靴下の効果を比較靴の臭いを消す方法靴にイソ吉草酸が染み付いていれば、同じ靴を履きつづける限り足の匂いが消えません。毎回、靴が匂い始めたら新しい靴を買います?無理ですよね。足の臭いを取る方法:靴の除菌方法洗う足の臭いを取る方法水洗いできる靴は丸洗いします。関連記事:スニーカー、革靴の丸洗い革靴なども専門業者に頼めば丸洗いできます。靴が洗えれば雑菌のエサである、足汗等の汚れが取り除かれます。そして、靴の中を乾燥させれば雑菌の温床である湿気も取り除けます。洗う時には、水洗いできる布製の靴などは、洗剤に重曹を混ぜると嫌な臭いも消臭できます。革靴でも、家庭で洗える洗剤が販売されていますので、それをお使い下さい。革靴用洗剤革靴用洗剤:楽天市場皮靴は天日干しは良くないので、風通しのよい場所での陰干しをして下さいね。注意点は、すすぎをしっかりすることです。すすぎが不十分だと、残った洗剤や汚れを雑菌がエサとして増えるために逆効果になります。そして、洗った後も、十分乾かすようにして下さい。あなたのお気に入りの革靴など、自分で洗うのが心配な方は、靴のクリーニングサービスを利用する事も良いでしょう。足の臭いを取る方法家まで無料で届けてくれる靴クリーニング・丸洗い靴が洗えない場合どうしても靴が洗えない時には、消毒用アルコールや薄めた逆性石鹸などの消毒液を脱脂綿に含ませ、靴の内外を拭き取ります。そして、しっかりと天日干しをします。この方法は、洗浄と違い、靴に染み込んだ汚れを十分に取る事ができず、雑菌のエサは、どうしても残ります。*細菌の温床の原因を取り除くには、靴の洗浄が一番です。消臭剤水洗いでもニオイが消えなかったら消臭剤を使います。スプレータイプのものパウダータイプのもの、どちらでもいいです。靴は毎日、風通しの良い場所で乾燥させる事が大事です。それが出来ない時には新聞紙を丸めて入れておきます。新聞紙が意外と湿気を吸い取ってくれます。冷凍庫靴を冷凍庫に入れれば雑菌を死滅させ臭いを緩和できます。冷凍庫に入れる時には靴をジップロックのような密閉された袋にいれてしっかりと封をします。ただ、食品でイッパイの冷蔵庫に臭い靴を入れるのは気が引けますよね?パンの耳・珈琲カスパンの耳を焦がして靴の中に入れると即席の活性炭ができあがります。コーヒーの残りカスをレンジで水分を飛ばしてから靴の中にいれるのも消臭効果があります。どちらも表面に活性炭と同じように多くの孔があるので臭いを吸着してくれます。わさびわさびに殺菌効果がある事はご存じたと思うのですが、わさびを靴の中に新聞紙かキッチンぺーパーを敷いた上に一晩いれておくと靴の中の雑菌を殺菌してくれるので臭いがやわらぎます。レモン汁ガーゼにレモン汁を含ませて靴の中に入れるだけでも消臭効果があります。レモンに含まれるビタミンCが雑菌の増殖を抑えてくれるのです。軽い臭いでしたら入れて30分くらいで効果が実感できると思います。新聞紙出張などで同じ靴を履く場合、手元に消臭剤や吸湿剤が無い時は、読み終わった新聞紙を丸めて靴の中に詰めておくだけで吸湿効果と消臭効果を発揮します。もちろん、自宅でも帰っきた時に靴の中に新聞紙を入れておくだけで凄い効果が実感できると思います。銅イオン効果で10円玉を入れておく方法もあります。でも、次に紹介する方法なら靴の匂いを1日〜5日の間で消臭できます。しかも、その消臭効果は半年継続します!履物なら、本革、合成皮・人工レザー、スニーカー、ブーツ、パンプスなど全てOKです。足の臭いを取る方法足の臭いを取る方法染み付いた靴のニオイを除去する方法これを使用すれば消臭クリーム、中敷きを変えるなど面倒な作業はいりません。まず、この方法で足の匂いは解消されるはずです。足の臭いを取る方法:臭いの種類を確認する足の臭いを取る方法には、とてもたくさんの方法があります、しかし、先走って色々な対策をする前に、あなたの足が酸性の臭い(チーズ臭)か、アルカリ性の臭いか確かめてください。あなたの足にあった対策ををしないと、まったく効果がないばかりか悪化させたりするので、必ず確認してくださいね。あなたの足の臭いは酸性?アルカリ性?酸性かアルカリ性かのチェックが必要なのは重曹や、ミョウバン、酢、クエン酸を使用する場合です。足の臭い 解消法足の臭いは2種類(納豆臭い?アンモニア臭い?)あなたはどっちのニオイ?ニオイの質によって対処法が違います!あなたの足の臭いが酸性かアルカリ性かがはっきりすれば、あなたの足の臭いに合った足の臭いを取る方法を見つけられます。足の臭いを取る方法:原因から解決策を考える足の臭いを取る方法を実行する前に、まず足が臭う原因を理解しておきましょう。足が臭うのは足の雑菌(皮膚常在菌「コリネバクテリウム属」)が増えるのが原因というのはよく知られていますが、雑菌がすべて悪いわけではありません。善玉菌は足の裏の汗と混じり合った皮脂や角質を栄養源として弱酸性の脂肪酸を発生させ皮膚表面を細菌から守っているのです。ただ、この皮膚常在菌が増えすぎると、イソ吉草酸も繁殖して、納豆臭い、チーズ臭いニオイが発生してしまうのです。足の臭いを取る方法ほとんどの人の足の臭いは、この酸性臭ですが、中にはアルカリ性のアンモニア臭の臭いがする人もいます。これは、足をあまりにも清潔にし過ぎて皮膚常在菌を減らしてしまっているのが原因です。皮膚常在菌が少なるなると良さそうに思われますが、皮膚を保護する雑菌がいなくなるので、皮膚表面を酸性に保てなくなり、アルカリ性を好む「黄色ブドウ球菌」が繁殖しアンモニアなどの不快臭を発生させてしまうのです。ですから、雑菌(皮膚常在菌)は一定数は必要なんです。足の皮膚常在菌はシャワーで約80%、お風呂に入ると約90%が洗い流されます。さらに足をゴシゴシ洗うと皮膚常在菌は99%が洗い流されてしまいます。このように過度に洗いすぎる人がアンモニア臭に悩まされるのです。ですので、足洗いは保湿成分が含まれ、洗浄効果が高いボディソープではなく、石鹸でソフトにしかし丁寧に洗うのが足の臭いを取る方法のコツなのです。おすすめは、日中は消臭グッグを使って消臭し、夜に自宅に帰ったらお風呂場で酢、重曹、クエン酸、ミョウバンなどでケアする方法です。ここで、紹介している足の臭いを取る方法は色々ありますが、使い方を間違えなければほとんどが効果がある方法ばかりです。足の臭いを取る方法しかし、話題になってはいるけれど、駄目な方法も紹介しています。それは、人間の心理で評判な物は確かめてみたいからです。例えばファブリーズなどが良い例ですね。ファブリーズさえすれば足の臭いが解消する錯覚にとらわれている人もいます。そんな評判だけれど、使い方によっては効果が期待できないばかりか、悪化させる例も紹介しています。足の臭いの症状は生活環境が違うように一人ひとり違います。しかし、ここでは足の臭いを取るための全ての方法を紹介しているので、あなたに合った足の臭いを取る方法をこのサイトで見つけ実践するだけで、必ずあなたの足の臭いは解消するはずです。足の臭いの原因(水虫)水虫自体は臭わないのですが足の裏があれるので雑菌が繁殖し足の臭いが強くなります。水虫は足を不衛生にしているとなりやすいというイメージがありますが、まさにその通りです。水虫は不衛生な足になりやすいです。そして水虫は足の臭いを悪化させます。水虫はカビの一種である白癬菌(はくせんきん)が足の皮膚に繁殖して起こります。この菌は高温多湿な場所を好むので足の裏がぴったりな場所なのです。足の臭いを取る方法水虫自体が臭いを出しませんが、水虫になると足の裏の皮膚が荒れて抵抗力も落ちるために、雑菌が繁殖するので不快な足の臭いが発生しやすくなります。水虫の種類にもいくつかありますが、代表的なのが、足水虫や爪が分厚くなって変色する爪白癬、足全体に水泡が形成される小水疱型、慢性化して足の裏全体が硬くなる角質増殖型などがあります。足の指の間がふやけたり、足の裏に小さな水疱ができたら、水虫の可能性が高いので早めに治療をしましょう。水虫になって足の裏が痒くなって、足の臭いも強くなってきたら消臭スプレーなどで足の臭いを和らげても根本的な原因が排除されていないので意味がありません。水虫は人から人へと感染をするので、家族や恋人など日頃、接する機会が多い時には、スリッパを分けて履くのはもちろん、お風呂場のマットなども、わけて使い人に移さない予防をしてください。日頃から水虫ができないように、足をいつも清潔に保ち、十分な睡眠をとって疲れを蓄積させないようにしましょう。繰り返しを防ぐ!足の臭いを取る方法何度も繰り返すしつこい水虫。 水虫(白癬菌:はくせんきん)を殺菌する作用のある薬は沢山あります。良くなったと思っていても、いつのまにかまた感染してしまい、そしてまた治療するハメに…そんな事を繰り返していませんか?中の菌を殺しても、水虫に感染しやすい環境のままでは、 何をやっても変わりません。足拭きマットやスリッパを他人と共有どころか、 自分の靴下や靴を履いただけで…また水虫に逆戻りしてしまいます。結局、殺菌作用だけの医薬品では何も状況は変わりません。しかし『クリアフットヴェール』なら、 殺菌しながら水虫に感染しやすい環境自体を改善出来ます。つまり、治療と再発防止を同時に行う商品なのです!CPL(環状重合乳酸)で守り、竹酢液で攻める!今の水虫薬は強力です。しかし強力だからこそ、足にも相当なダメージを与え続けます。 水虫が何度も何度も繰り返してしまうのは、その強力な水虫薬のダメージで、常に足の裏が常時傷ついた状態となっていて、菌を殺しても新たに菌が入り繁殖しやすい状態になっているからなのです。そんな足の肌環境を守り、通常の状態に戻す秘密の物質が『CPL』 CPL(環状重合乳酸)とは、皮膚や毛髪のタンパク質との親和性が高く、 保水性や保湿性に優れており、がん治療などにも使われ始めるなど、 現在大変注目されている物質なのです。 『クリアフットヴェール』ではこのCPLを配合。 足の肌環境を整え、菌が繁殖しづらい足本来の肌状態へと導きます。 既に足に居る菌を攻めるのが『竹酢液』 昔から竹酢液に含まれるフェノール系化合物には、 水虫の治療に有効な抗菌性があるのが有名で、肌を傷めずに内部まで浸透します。原因菌を確実に仕留めます!足の臭いを取る方法足の臭いを取る方法:体質が原因の足の臭いこれまでに素足や靴、靴下による足の臭いを消す対策について説明してきましたが、それでも足の臭いが消えないときは体質が関係しているかもしれません。まず考えられるのは遺伝的体質の足蹠(そくせき)多汗症です。1年中、靴下が湿った状態の方は可能性があるので、一度病院で診察してもらうのをおすすめします。他に考えられるのはストレスや精神的な影響による自律神経のバランスがくずれ、交換神経が優位になっている場合です。交換神経が優位になるので汗をかきやすくなっているのです。自分の足が臭って周りに迷惑をかけているんではないかと気にしすぎるあまりに汗が増える負のスパイラルに陥っているケースも考えられます。また、運動不足や冷房のききすぎで汗腺の機能が弱まり上手く汗をかけない場合に出る汗は、悪い汗で本来ならサラサラな汗のはずがベタベタで水分以外にも血液中から臭い成分が出てしまっている場合があります。こんなケースは体温調節がうまくいかないだけでなく足の表面がアルカリ性に近づき、より雑菌の大量繁殖を招いてしまいます。内臓機能の低下や、食べ物、体調不良によっても足が臭う原因になったりします。まずは足の臭いの症状に合わせて足のの臭いを消す対策を実践してみてください。足の臭いを消す薬足が臭うのは、足に繁殖する雑菌が大きな原因ですが、体調不良で体臭がキツクなり足が臭う時もあります。それぞれのケースの対処法を説明します足の臭いを取る方法腸内の環境が悪くなる場合腸内環境のバランスを整える飲み薬を飲む足の臭いを取る方法肝臓などの他の内臓の不調による場合医者で薬を処方してもらう足の臭いを取る方法多汗症の場合市販の塩化アルミニウム液で対処する。医者で抗コリン剤を処方してもらう。医者でポツリヌス菌を注入してもらう。足の臭いを取る方法水虫の場合市販の水虫治療薬でもいいですが、普通の抗菌クリーム、スプレーだけではなかなか改善されません。改善されない場合は専門医に相談しより強力な処方箋薬を処方してもらいます。足の臭いを取る方法薬用クリームいろいろ紹介してきましたが、ほとんどの足の臭いは医薬部外品の薬用クリームを使用することで改善されます。病院に行っても抗菌系クリームが多く処方されます。関連記事:足の臭いを消す薬用クリームおすすめ足の臭いを取る方法:突発的な出来事(ピンチ)時予定にない外出先で突然に靴を脱ぐことになったらあせりますよね?そんな時の対処法です。その為には、いつもこれだけは準備しておきましょう。・除菌ウェットティッシュ・フットスプレー・履き替え用のストッキング/靴下1.除菌ウェットティッシュで足を拭きます。本当は足を洗いたいのですが外出先では、そんな事は不可能です。まずはトイレに入り、除菌ウェットティッシュで足を拭きます。除菌ウェットティッシュが無かったら普通のティッシュを水で濡らして足の指の間までしっかりと拭きます。フットスプレーをかける足を拭いたあと、乾いたら足用消臭スプレーをスプレーします。足の指の間はもちろん、土踏まずにもしっかりスプレーします。靴下/ストッキングを履きかえるスプレーが乾いたら新しいストッキング/靴下に履き替えます。足のにおいが気になっている人は普段から上記の3点セットは持ち歩くようにしておくと、いざという時に安心です。サプリメント事前に準備ができていればいいのですが、それこそ準備をし忘れた時などは、パニックになってしまいます。そんな心配が少しでも軽減できるように、足のにおい対策にサプリメントという手もあります。関連記事:足の臭い 応急処置足の臭いの伝わり方足が臭うのは目には見えませんが、臭いの成分である小さな物質が空中に浮遊し、この物質が鼻に入り臭いを感じるのです。足が臭う時って、靴下を履いているときが多くないですか?靴下を履いていないときに臭うケースはあまりないと思います。その理由は簡単です。足から出る汗を吸い取るのは靴下です。足の臭いは雑菌が汗を栄養にして菌が繁殖して起こります。靴で覆われた靴下は菌で繁殖した雑菌工場のようになっているのです。そのため、あしが臭いというときは靴下が臭いのです。靴下に蓄積された臭い成分の物質が一定量を超えると臭い物質は浮遊しはじめ周囲に臭いを拡散するのです。ですから、足の臭いを改善する簡単な方法は1時間おきに靴下を履き替えれば足の臭いは激減します。とはいっても、1時間おきに靴下を履き替えるのは現実的ではありません。こんな時には消臭靴下を使用すれば悩みは解決できるはずです。アシガとは何でも「ガ」をつければいいというものでもありませんが、ワキガはよく聞きますね。それと同じ意味で「アシガ」が生まれました。他には、「ヘソガ」「スソガ」があります。「ヘソガ」はわかるけど「スソガ」???って方は多いと思いますが、「スソワキガ」の略語です。足の臭いを取る方法:補足足の臭いは誰でも大なり小なり臭っています。私だけは臭わないと思っていたら、それは大きな勘違いです。人は誰でも足から臭い物質を出して悪臭を放っているのです。それが爪からなのか、足の指からなのか、足の裏からなのかは人それぞれです。ひょっとしたら、あなたは私は臭わないから、子供の足が臭いのは旦那から遺伝しているのではと思っていませんか?残念ながら足の臭いはワキガと違って遺伝しません。でも旦那も子供も足が臭うというのは、食事が原因の可能性があります。つまり、同じ食事を摂っている私も臭っている可能性が大ですよ。私が気がつかないだけで悪臭を出している可能性もあります。しっかりチェックしてみてくださいね。まず、家族の足の臭いを取るためにも、旦那やお子さんが学校や会社から帰ってきた時に、まず足湯をするなどの習慣をつけることでグッと足の臭いの悪臭が改善されるはずです。足湯に入れる殺菌剤や制汗剤などは足の臭いタイプによって変わるので、このサイトに書かれている足の臭いを取るタイプ別対処方法を参考にしてみてください。