足の臭い 緑茶

緑茶の効果

足の臭いは緑茶でも解消することができます。

 

足の臭い 緑茶

エッツ!緑茶で!!

とびっくりしました?

 

でも、緑茶が「カテキン」や「フラボノイド」など、消臭作用のあるポリフェノール成分が多く含まれているので、消臭効果や殺菌効果があることはよく知られています。

 

昔から天然の消臭剤として口臭予防、石鹸やシャンプーなどに使われています。

 

変わりどころとしては、お寿司屋さんで出てくるお茶は「緑茶」ですが、

 

これも食事をした後の、口の中の魚の生臭さを抑える効果があるのです。

 

でも、緑茶なら何でもいいわけないですよね?(あなたの心の声)
急須にいれてお茶葉からだす緑茶から、ティーバッグのお茶、さらにペットボトルの緑茶もあります。

 

安心して下さい。
これらの緑茶は全部、足の消臭・殺菌効果あるんです。

 

しかも、出がらしでOKなんです。

 

緑茶の成分

一番、緑茶の濃度が薄そうなペットボトルを例に取ると、

 

足の臭い 緑茶

有名な「お〜いお茶500ml」で、カテキン含有量は180mg含まれていて、単位を直すと100mlに360ppm含まれていることになります。

 

研究によると、水虫の原因菌である白癬菌は、緑茶カテキン濃度が50ppmで効果があることが認められています。

 

まあ、「お〜いお茶」は飲むものであって足に使う物ではないですけどね。

 

では、お茶パックの効果ですが、こちらは普段飲んでいる濃さのお茶の1/10の薄さで約10,000個の細菌を殺菌できるそうです。

 

これだったら、出がらしでも十分効果がありそうですね。

 

カテキンは抗酸化作用もあるので皮脂の酸化を防いで体臭の発生を防いでくれます。

 

「フラボノイド」も抗酸化作用があり、体内の活性酸素を抑え腸内の腐敗を抑制することで、こちらも臭いを防いでくれる効果があります。

 

ですので、毎日、緑茶を飲むだけでも足の臭いの消臭に効果があります。

ただ、緑茶には「カフェイン」も含まれているので中毒や依存を引き起こす可能性があります。

 

そしてタンニンには鉄分の吸収を妨げてしまう作用があるので貧血の人は飲み過ぎに注意して下さい。

緑茶の出がらしを使う

足の臭いの解消には、飲むよりも緑茶の足湯の方が効果があります。

 

足の臭い 緑茶

出がらしの茶葉をティーバッグに入れて洗面器などのお湯に中にいれます。

 

その中に足を数十分浸けておくだけで足の臭いは解消されます。

 

出がらしではなく、ティーバッグをそのまま使ってもOKです。

 

ただ、あまり濃度が濃くなると足に緑茶の色やニオイが付いたりするので、浸かった後はよく洗い流して下さいね。

 

足湯ではなくお風呂に入れてもOKです。

 

お風呂に入れれば足だけでなくワキなど体全体の消臭効果も期待できます。

 

緑茶とミョウバン水の組み合わせも足の臭い消臭には効果を発揮します。

 

緑茶にミョウバンを溶かすか、ミョウバン水に緑茶をいれても、どちらでもお好みでOKです。

 

ミョウバン水の作り方はこちらで詳しく説明しています。

 

⇒足の臭い対策にミョウバン

 

靴の中に入れる

足の臭いは足自体から臭っている事もありますが、多くは靴が臭っているからニオイが移っているということが多いです。

 

いくら足の臭いが無くなっても、毎日履く靴が臭っていては、いつまでたっても足の臭いは解消されません。

 

でも靴も緑茶を使うことで消臭ができるんです。

 

緑茶の出がらしを天日干しやレンジを使って乾燥させガーゼなどに包んで、それを靴の中にいれます。

 

これだけで、緑茶の出がらしが靴を消臭してくれます。

 

靴の中だけでなく下駄箱にもいれておくと全体の臭いが消臭されます。

 

緑茶を毎日飲みながら、足湯、緑茶風呂を続けることで足の臭いはいつの間にか無くなっているはずです。

 

足の臭いを解消するには殺菌、消臭だけでなく制汗、角質ケアも大事です。

 

緑茶は制汗効果はないので、足汗が多い方は制汗だけでなく角質ケアもできるデオドラントクリームを併用することで効果が倍増するでしょう。

 

ノーノースメル 口コミ防臭・制汗・殺菌・角質ケア4つの効果【薬用デオドラントフットクリーム】

 

足の臭いをとる方法:TOPページ

足の臭い 緑茶関連ページ

イソジン
足の臭い対策にイソジンを使用することは効果的です。イソジンには強い殺菌効果あります。直接塗る方法と、足湯として使用する2つのやり方を紹介します。
木酢液
足の臭い対策に木酢液は昔からよく知られていますが、肌に使用するには不適切な粗悪品もあります。木酢液の選び方、使い方を説明します。
イソプロピルメチルフェノール
イソプロピルメチルフェノールは足の臭い対策には有効です。顔ニキビや背中ニキビに有名な成分ですが抗菌・殺菌効果にすぐれ足の蒸れから増殖する皮膚常在菌を抑えてくれます。
トリクロロカルバニリド
トリクロロカルバニリドが配合された石鹸で足を洗うことで足の臭いを抑えることができます。普通の殺菌成分では減菌できない足の臭い菌(グラム陽性菌)に効果を発揮します。
アルコール
足の臭いはアルコール(エタノール)で解消できる?残念ながら足の皮膚が肌荒れする事はあっても、足の臭いは改善しません。詳しく説明します。
インソール
足の臭いを改善するのにインソールがあります。消臭・抗菌効果があり通気性に優れたインソールを選ぶことで臭いは軽減できます。使用するならこんなインソールを選んでください。
ミョウバン
足の臭い対策に、ミョウバン水は効果的です。スーパー等で販売している焼ミョウバンを水道水で薄めて、足湯やスプレーとして使用するだけで抜群の消臭効果があります。
重曹
足の臭いを無くすには重曹が効果的です。足の臭いの原因菌であるイソ吉草酸を弱アルカリ性である重曹が中和させ無害化してくれます。靴の中にも直接入れることで靴も消臭ができます。
お酢
足の臭い対策にお酢が効果的と言われます。お酢は足の酸っぱい臭いであるアンモニア臭を酸性の性質で中和させ消臭させることができます。足湯を使うことで血行もよくなり冷え症も改善できます。
クエン酸
クエン酸は、ツーンと酸っぱい足の臭いを消してくれます。クエン酸を使った4つの使用方法を説明します。また、クエン酸飲料をつくることで、体の外から中からも消臭することができます。
ホウ酸
足の臭い対策にホウ酸を使うことで消臭効果が働かいます。靴や靴下、直接足湯としても使うことで効果を発揮します。ただ、使い方には注意してください。
漢方
足の臭い対策に漢方は有効です。化学的に作られた薬物よりも、副作用の心配があまりない、漢方薬を利用することで長期的な体質改善もでき、安心です。保険適用もあります。まずは専門医に相談してみましょう。