イソプロピルメチルフェノール,足の臭い

イソプロピルメチルフェノールとは

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールは、なかなか馴染みがない名前なのですが、実はニキビに悩む人なら良く知っている成分の名前なんです。

 

イソプロピルメチルフェノールはニキビの原因菌であるアクネ菌や背中ニキビの主な原因菌であるマラセチア菌を殺傷することで有名なんです。

 

このようにイソプロピルメチルフェノールはニキビケア化粧品に含まれていたりしますが、多くの場合は防かび剤、殺菌剤、防腐剤の添加物として配合されています。

 

医薬品としても利用され軟膏や傷消毒薬にも含まれています。
他にはハンドソープなどにも使われています。

 

どちらかというと、イソプロピルメチルフェノールは美容成分ではなく殺菌効果が特徴の成分です。

 

抗菌・消毒効果には高い評価があるイソプロピルメチルフェノールは、ワキガ、足の臭い対策としても使われています。

 

足の臭いの原因は足が蒸れて皮膚常在菌が汗で溶けだした皮脂や角質を栄養源として増殖するときに臭いを発します。

 

汗をコントロールすることはできませんが、菌の増殖は抑えることができます。
イソプロピルメチルフェノール配合の臭いケア商品なら足の臭い対策に有効です。

 

イソプロピルメチルフェノール効果

  • 殺菌・抗菌・消臭効果
  • ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌します
  • 背中ニキビ菌でカビの一種であるマラセチア菌を殺菌します。
  • 水虫菌の白癬菌を殺菌します。
  • 陰部の白癬菌を殺菌することでいんきんたむしにも効果があります。
  • 女性に多いカンジタ菌を殺菌します
  • 口内菌の発生を抑えます。
  • 足の臭いの原因菌を殺菌・防臭します
  • ワキガの原因菌を殺菌・防臭します。

イソプロピルメチルフェノールの特徴

  • 無味無臭
  • 低刺激

    人臨床試験等で皮膚アレルギー性は報告されていません。

  • 長時間、効果が持続
  • 広範囲の殺菌性
  • 紫外線吸収性及び抗酸化性

    一定波長の紫外線を吸収し、酸化抑制力もあります

イソプロピルメチルフェノール配合商品

防臭・殺菌効果を謳う商品にはほとんど入っています。

医薬品

  • 軟膏
  • 傷消毒薬

医薬部外品

イソプロピルメチルフェノール

  • ハンドソープ
  • 育髪トニック
  • デオドラント
  • 制汗剤
  • ボディソープ
  • シャンプー・リンス

化粧品等の添加物

  • 防カビ剤・防腐剤に利用されています

 

イソプロピルメチルフェノールの問題点

イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用が強いことから厚生労働省は使用量を化粧品0.1%以下、医薬部外品1%以下と決めています。

 

この範囲内なら安心なのですが殺菌作用が強いので人によっては必要以上に皮膚常在菌を取り除いてしまい、逆に皮膚のバランスを崩してしまう事もあります。

 

皮膚に常在する菌は悪い菌ばかりでなく良い菌も住み着いています。

 

イソプロピルメチルフェノールは良い菌も殺菌してしまうので肌のバリア機能が無くなってしまうのです。

 

そうすると敏感肌の人は、アレルギー反応を引きおこしたり、湿疹ができたり、治そうと思ったニキビを逆に悪化させる原因にもなったりします。

 

敏感肌の人が使用するには注意が必要です。

 

特に海外製品を使用する場合には、イソプロピルメチルフェノール含有量は厚生労働省の基準に当てはまらないので、副作用や安全性に注意する必要があります。

 

イソプロピルメチルフェノールの注意点

イソプロピルメチルフェノール配合の商品は、継続して使うことで安心して効果を期待することができます。

 

評判の高い有効成分ですが、一度にたくさん使えばより効果が早まるというものではありません。

 

一度に大量に使用することで、肌荒れやかぶれ、吹き出物などの副作用がでる心配もあるので、必ず使用上の注意をよく守ってください。

 

イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用に優れていますが、直接の傷口への使用は控えてください。

 

イソプロピルメチルフェノール配合商品

ニキビ対策

胸元、デコルテにできるニキビ専用薬用ローションスプレーです。

 

Vネック・UネックのTシャツ、かわいい水着、胸元が開いたドレス、
ワンピース、キャミソール、チュニックが恥ずかしくて着れずにお洒落もできないと悩んでいる方ももう大丈夫です。

 

デコルテにニキビができた後に茶色く色素沈着してしまったお肌にもケアすることができます。

 

パピュレ

 

ワキガ、足の臭い対策

イソプロピルメチルフェノールが配合されたワキガ、足の臭い対策グッズには「クリアネオ」があります。
「クリアネオ」は天然の抗菌成分「柿タンニン」もたっぷり含まれているので加齢臭対策にも効果的です。

 

クリアネオは第3者期間で商品検査を行っています。

24時間閉塞パッチテスト

皮膚専門医が判定しスコア化し基準をクリアしたものだけを「パッチテスト済み」としています。

低スティンギンググテスト

かゆみやヒリヒリ感を評価する感応性テストでこちらも皮膚専門医が判定します。

RIPT(累積刺激性及び感作試験)

アレルギーテストです。
基準をクリアした商品にのみ「アレルギーテスト済み」を謳うことができます。

全額返金 永久保証制度

クリアネオを使用して異常がでた、あるいは効果に納得ができないときには使用後何日経過していても全額返金してもらえます。

 

イソプロピルメチルフェノールワキガ、足の臭いケアならクリアネオ

 

 

足の臭いを消す方法:TOPページ

イソプロピルメチルフェノール,足の臭い関連ページ

イソジン
足の臭い対策にイソジンを使用することは効果的です。イソジンには強い殺菌効果あります。直接塗る方法と、足湯として使用する2つのやり方を紹介します。
木酢液
足の臭い対策に木酢液は昔からよく知られていますが、肌に使用するには不適切な粗悪品もあります。木酢液の選び方、使い方を説明します。
トリクロロカルバニリド
トリクロロカルバニリドが配合された石鹸で足を洗うことで足の臭いを抑えることができます。普通の殺菌成分では減菌できない足の臭い菌(グラム陽性菌)に効果を発揮します。
アルコール
足の臭いはアルコール(エタノール)で解消できる?残念ながら足の皮膚が肌荒れする事はあっても、足の臭いは改善しません。詳しく説明します。
インソール
足の臭いを改善するのにインソールがあります。消臭・抗菌効果があり通気性に優れたインソールを選ぶことで足の臭いは軽減できます。ただ、間違ってもインソールを靴の中に入れっぱなしにしないでくださいね。足がさらに臭ってしまいますよ。
ミョウバン
足の臭いにミョウバンを使うことはとても効果があります。殺菌、収れん、制汗、中和の4つの効能で足の臭いをミョウバンが消臭します。スプレーボトルで持ち運ぶこともでき、外出先でもスッと使うことができます。靴下や靴の消臭にも使うことができます。
重曹
足の臭いを無くすには重曹が効果的です。足の臭いの原因菌であるイソ吉草酸を弱アルカリ性である重曹が中和させ無害化してくれます。靴の中にも直接入れることで靴も消臭ができます。
お酢
足の臭い対策にお酢は効果があります。酢は足の酸っぱい臭いであるアルカリ性のアンモニア臭を酸性の性質で中和させ消臭させます。お酢を入れた足湯を使うことで血行もよくなり冷え症も改善できます。しかしイソ吉草酸は同じ酸性なのでお酢の効果はありません。
クエン酸
クエン酸は、ツーンと酸っぱい足の臭いを消してくれます。クエン酸を使った4つの使用方法を説明します。また、クエン酸飲料をつくることで、体の外から中からも消臭することができます。
ホウ酸
ホウ酸の使い方では、足の臭い対策、ゴキブリ退治、洗眼、うがい薬や鼻スプレーなど色々ありましたが、今日、その毒性が注目されるようになりホウ酸の使い方に変更がでてきました。ホウ酸の効能、ホウ酸の使い方の注意点を詳しく説明します。
漢方
足の臭い対策に漢方は有効です。化学的に作られた薬物よりも、副作用の心配があまりない、漢方薬を利用することで長期的な体質改善もでき、安心です。保険適用もあります。まずは専門医に相談してみましょう。
緑茶
足の臭いは緑茶で消臭できます。それも飲み終わった後の「出がらし」でOKです。 足の臭いの消臭だけでなく靴の臭いや下駄箱の臭いまでも消臭してくれます。
ハッカ油
足の臭い対策にハッカ油は効果的です。殺菌・消臭効果があります。足の臭いが強い方には向きませんが軽い方には足の臭いを軽減させることができます。使い方を説明します。
パウダー
足の臭いにはパウダーが効果的です。パウダーで有名なのはベビーパウダーです。他にもフットクリア、グランズレメディがよく知られています。しかしメリットもあればデメリットもあります。足の臭い対策に最適なパウダー製品の全てを紹介します。