足が臭いのは冬の方が多いんです!

足が臭いのは冬の方が多いんです!

足が臭いのは夏が多そうですは実は冬の方が夏より2倍も足の臭いに悩む人は多いのです。
しかも臭いの強さもより強くなるんです。

冬の方が足が臭い理由

夏より冬の方が寒いので汗はかきにくいのですが、実は冬の汗は夏の汗と比べると夏のサラサラした汗ではなく、ベタベタした悪い汗がでるのです。

 

人間は寒いときに体温を保とうとして基礎代謝が上がり、暖房やちょっとした運動でも汗が出やすくなっています。

 

しかし、汗を分泌する汗腺は気温が下がると活動が鈍くなり汗をかくと汗腺の負担が過大になり、汗の中のミネラル分を血管に戻す「再吸収」の動きが悪くなります。

 

ミネラル分が戻らないに皮膚に残った汗は、蒸発しにくいので肌に留まる時間が長く、その間に細菌を増殖させて悪臭を放つようになるのです。

足が臭い冬の原因と対策

ブーツ

原因

ブーツは通気性がよくないために中が蒸れてしまい汗と雑菌が混じりイヤ〜な臭いを放ちます。
特に合皮皮のブーツは蒸れやすいです。

 

菌は湿気の多いところで爆発的に繁殖します。
ブーツの中は時には湿度100%の状態になる時もあり雑菌の温床になりやすいのです。

対策

足 臭い 冬

中が蒸れないようにする

インソールを敷いたり、吸収性の高い靴下を履いて汗を吸収する。

乾燥させる

1日履いたら、連続使用ないで24時間は乾燥させる時間を取りましょう。
中に乾燥を促進させる乾燥材や新聞紙をつめると効果的です。

 

どうしても連日使用するときには、ドライヤーを使って乾燥させてください。

消臭する

履き終ったら乾燥と併行して消臭をします。
10円玉を入れたり、エタノール溶液(水:エタノール=9:1)をスプレーするのが効果的です。
ファブリーズの除菌スプレーでもOKです。

汗を抑える

ブーツに臭いを消すだけでなく、肝心の足も除菌、制汗効果を高める対策が必要です。

 

薬用デオドラントフットクリームが効果的です。

冷え症

原因

冷え症の人は特に冬は体が冷えて新陳代謝が滞り血行がよくありません。
血流がよくないと肌のターンオーバーが遅くなり古い角質が溜まりやすくなるので、角質をエサとする雑菌が増えやすくなるのです。

対策

足を常に角質を除去し清潔に保つことはもちろんですが、少し熱めのお風呂に入ったり、ショウガなどの食べ物を食べたりすることで、根本的に冷えを改善するようにしましょう。

 

手足の冷えに!お肌潤い成分プラス【金時しょうが粒】
金時しょうが粒

 

足の臭いをとる方法:TOPページ

足が臭いのは冬の方が多いんです!記事一覧

足汗を改善する方法

足汗が多いと、靴の中で雑菌が繁殖しやすくなり足の臭いの原因となります。靴の中の足温の急激な温度上昇を抑えることで、足の多汗症を改善することができますが、足汗は、根本的な原因が改善されないと、いくら制汗スプレーをつかっても一時的に過ぎず、足汗の改善にはほとんど役に立ちません。人によっては、足の臭いを酷...

≫続きを読む