足の臭い原因イソ吉草酸

足の臭いの主な原因のイソ吉草酸を軽減します。

足が臭うのは汗が靴の中で蒸れてしまうからだと思っている方が多いのですが、そうではありません。

 

足から出る汗自体には臭いがないのです。

 

足が臭うのは汗に混じる皮脂や垢(角質)を足の皮膚の表面に常在する雑菌が栄養源として分解するときに出る老廃物が臭うのです。

 

イソ吉草酸

この老廃物がイソ吉草酸(キッソウサン)なのです。

 

イソ吉草酸は納豆のような臭いがします。
それもそのはず、納豆の臭いの元もイソ吉草酸なのです。

 

食べる納豆はまだ許されるとしても、足から臭う納豆の臭いは許されません。

 

自分ばかりか周りの人も不快にしてしまいます。

イソ吉草酸の臭いを中和

イソ吉草酸の臭いは中和させることで臭いを軽減させることができます。

 

イソ吉草酸は名前の通り弱酸性なのでアルカリ性の重曹と中和させることで臭いは軽減されるのです。

 

重曹を使っての足の臭い対策方法はこちらで詳しく説明しているので参考にしてください。

 

⇒足の臭い対策:重曹水の作り方

 

ただ、足の臭いには2種類あります。
イソ吉草酸のチーズ臭い、納豆臭いニオイと、アンモニア臭です。

 

足がアンモニアの臭いがする時には、重曹を使っても足の臭いの軽減にはなりません。

 

というのは、アンモニアは弱アルカリ性だからです。
アンモニア臭を軽減するには、弱酸性のミョウバンやクエン酸を使う必要があります。

 

ミョウバンやクエン酸を使っての足の臭い対策はこちらで詳しく説明しているので参考にしてください。

 

⇒足の臭い対策:ミョウバン水の作り方
⇒足の臭い対策:クエン酸を使う方法

 

対策を間違えるとまったく効果がありませんので、まず自分の足の臭いがどちらかを確認してから対策をするようにしてください。

身体全体がイソ吉草酸の臭い

足からだけでなく、身体全体からイソ吉草酸の臭いがする場合があります。

 

全身が「足のにおい」臭くなります。

 

この場合はイソ吉草酸血症と呼ばれる病気です。

 

これは遺伝による病気で赤ちゃんの時に発症するケースが多いのです。

 

しかし、治療法や薬もあるので早期に発見されれば問題はありません。

イソ吉草酸とは

正式名称は、「3―メチルブタン酸」といいます。
悪臭防止法で規制されているニオイ物質です。

 

法律で規制されるほど強烈な人間を不快にする悪臭ということです。

 

イソ吉草酸の臭いを解消するには、わざわざミョウバンやクエン酸を使わなくても足を石鹸でキレイに洗えば大丈夫と思われがちですが、

 

イソ吉草酸

イソ吉草酸はきれいに洗っても落ちにく性質を持っている厄介な成分なんです。

 

どんなに丁寧に洗っても完全にイソ吉草酸を洗い落とすのは難しいでしょう。

 

また、イソ吉草酸は高温多湿な場所で繁殖が活発化します。

 

つまり靴の中は、イソ吉草酸の最も好む場所でもあるため、どんどん増殖を続けるのです。

 

イソ吉草酸は温度15℃以上、湿度70%以上になると増殖します。

 

靴の中は足を入れて10分もすると、温度は30℃以上、湿度は100%になります。

 

もう靴の中で、どれだけでも繁殖してくれえ〜と言っている状態です。

足の臭いをを軽減する対策

足のケア

⇒入浴後の足の臭い対策

靴下のケア

⇒消臭ソックス
⇒5本指ソックス

靴のケア

⇒インソール
⇒靴の丸洗い
⇒パンプス対策
⇒スニーカー対策

 

足の汗を防ぐことはできません。
これらの丁寧なケアを継続させることで足の臭いの改善につなげましょう。

 

忙しい方には、消臭グッズを生活に取りれるのもおすすめです。

 

⇒足の臭い対策:消臭グッズ

 

足の臭いをとる方法:TOPページ