パンプスとストッキングの組み合わせは最悪

パンプスとストッキングの組み合わせは足の臭いに最悪!

足の臭いの原因として女性の場合はパンプスとストッキングがあげられます。
パンプスもストッキングも足が臭くなりやすい特徴を持っているからです。

パンプス

職場でパンプスの着用が決まっているので足が蒸れて、もっと通気性のいい靴に代えたくても代えれない人が多いのが現実です。

 

ここではパンプスで足が臭くなる原因、パンプスの消臭方法を紹介しますのでよかったら参考にしてみてください。

パンプスが蒸れやすい原因

足の臭いパンプスとストッキング

人は足から1日に約200ccの汗をかくといわれています。

そんな汗がパンプスの中に流れでれば蒸れてしまって当然ですよね。

 

パンプスの素材は本革か合皮で作られていて、見た目重視で色々なバリエーションがあります。
しかし、これらのパンプスに共通することが残念ながら「通気性がほとんどない」ことです。

 

つまり、パンプスの中は閉め切ったサウナ状態なのです。
見た目を重視するあまり、足の臭いが犠牲になっているのです。

 

男性の革靴は、つま先が大きく作られている場合が多いのですが、パンプスは男性の革靴よりも靴の中の空間は狭く作られているので、男性の革靴よりも蒸れやすいです。

 

靴の中の空間が狭い事も影響して、中敷き(インソール)も厚いと入らないため薄手の製品を選ぶことになり、薄手であるがために足汗の吸収もほとんど期待できないのが実情です。

ストッキング

ストッキングは薄い生地で足全体を覆う性質から足汗を吸収する機能はありません。
しかし、ストッキングを履いて1日過ごしても靴を履いてなければ足は臭くなることはありません。

 

けれども、ストッキングとパンプスの組み合わせだとパンプス内に発汗された足汗をストッキングが吸収することができないために、
足裏や足の指の間に雑菌がふえてしまい臭くなりやすいのです。

 

靴下を履いていれば靴下が足汗を吸収してくれるので、パンプスやストッキングの組み合わせほど足が臭う事はありません。

 

また、ストッキングだと足の臭いが直接素足についてしまうので、お風呂でボディソープで洗ったぐらいでは落ちないことがあります。

 

ストキングだけなら、まだ洗えば臭いが取れることはありますが、パンプスはなかなか臭いを取ることができません。

 

つまりは、いくら足をキレイにしてもストッキングを洗ったり取り換えたりしても、またパンプスから臭いが移ってくるのです。

パンプスの消臭方法

消臭スプレー

パンプスの中に吹き付けるだけで速攻で臭いは無くなるのでとても便利で簡単ですが、効果は一時的でしばらくするとまた臭ってきます。

 

商品によっては弱い除菌効果と香料だけという消臭効果があまり期待できない製品もあるので注意しましょう。

消臭インソール

価格はピンキリで100円ショップ製品から1足分が2,000円以上もする高額商品もあります。
抗菌、活性炭商品が多いですが、抗菌の定義は実は法律で決められていないのでとてもあいまいなのです。

 

つまり、効果が全くない製品もあるということです。
特に中国製品は注意した方がいいです。

 

できれば、JISマークか、それ以上の厳しい水準の認定マークSIAAを選ぶのがおすすめです。
活性炭も臭いを吸着するのですが活性炭につくられた小さな孔の体積以上は臭いを吸収することはできません。

消臭パウダー

ミョウバンが主成分で毎日繰り返すことで、効果が期待できます。
雑菌の繁殖を抑え、パンプスにこびりついた臭いを消してくれます。

 

ミョウバンは制汗作用もあり、ストッキングの上からでも制汗作用が働き足汗を抑えて雑菌が住みにく環境を作り出してくれます。

 

ただ、気にするほどではないのですが、ミョウバンは「アルミニウムとカリウム」からできているので、金属アレルギーを起こすケースがあります。

 

使用し始めて違和感(かゆみ・湿疹など)を感じたら使用を中止してください。

 

フットクリア 効果消臭パウダーなら「フットクリア」

 

足の臭いをとる方法:TOPページ