パンプス臭い対策

パンプスの臭いの原因と対策方法!

女性の必須アイテムのパンプスですが、パンプスの臭いに悩まされている人が意外に多くいます。

 

パンプス 臭い 対策

毎日履いているパンプス。
夕方になるとなんだか臭っているような・・・。

 

「パンプスの臭いが人にバレたらどうしよう!」

 

こんな不安を多くの方が抱えています。

 

パンプスの臭いは女性にとっては非常に恥ずかしいし情けないです。

 

でも、結構多くの方が悩んでいるので「私だけでは」と恥ずかしがることはありません。

 

ここでは、そんなパンプスの臭いの原因と対策をご紹介することで悩みを解決します。

パンプスの臭う原因

パンプスが臭うのは、足の臭いがパンプスに移ったからです。

 

もし、パンプスがキレイに臭いを消臭できたとしても、根本の足の臭いが改善されなければパンプスは再び臭うようになります。

 

パンプス 臭い 対策

足の裏は汗をかきやすく、汗をあまりかかないという方でも、1日コップ1杯分の汗をかいているのです。

 

パンプスは通気性がよくないので、1日中履きつづけているとかなりの汗が中に溜まることになります。

 

パンプスとセットのストッキングは合成繊維なので汗を吸い取ってはくれません。

 

パンプスの中は、10分もすれば湿度が100%になり細菌の温床の場になっています。

 

本来、汗自体は臭わないのですが、汗が皮脂や角質、垢などと混じり合い、足の裏に常在する細菌のエサとなり分解されることで、あの嫌な臭いが発せられるのです。

 

そんな嫌な臭いを含んだ汗がパンプスに移ることでパンプスが臭うのです。

対策

制汗対策

臭いの原因である汗を制汗剤で抑えます。

 

色々な制汗剤がでていますが、おすすめは美的・ananなどで紹介され、人気の制汗スプレー「足サラ」です。

中敷(インソール)

パンプスに臭いが移る前に「中敷」を敷くことで足裏からの汗が直接パンプスの靴底に染み込むのを防いでくれます。

 

竹炭の中敷なら、臭いの元の有機物質も吸着してくれます。

 

活性炭の中敷は臭いの吸着に限界がありますが、竹炭なら洗濯して日干しをすることで、半永久的に何回も使用することができます。

 

パンプス 臭い 対策竹炭インソール

5本指ソックス

足の指と指の間が蒸れにくく汗も溜まりにくくなります。
吸湿性の無いストッキングと違い汗を吸い取ってくれるので足の臭いを軽減してくれます。

 

パンプスを履いた時にソックスが見えてしまうことで、見た目に抵抗がありますが、

 

最近は靴の形に合わせて色々なタイプの5本指ソックスを選ぶことができるので見た目も気にすることが無くなりました。

スリッパに履き替える

実行できる環境であればデスクワーク中だけでも、スリッパに履き替えることでずいぶん違います。

パンプスを複数用意する

1日、履き続けたパンプスは湿気がたっぷりと蓄積されています。

 

そんな状態のパンプスを毎日履きつづけていると、湿気がどんどん蓄積され細菌が繁殖をつづけます。

 

パンプスを3足以上、用意し1日履いたパンプスを休ませることで、付着した湿気や細菌も消え去り嫌な臭い成分も抜けやすくなります。

乾燥させる

履き終えたパンプスは日干しをし消臭や殺菌、除湿をしておきます。
また数足を日替わりで履き替えることでパンプスも長持ちするようになります。

 

パンプスを休ませている間にパンプスの中に消臭剤や乾燥剤をいれておくとより効果的です。

 

消臭剤は、茶殻やコーヒー豆のカスを電子レンジで乾燥させて適当な布袋で包みパンプスの中にいれておきます。

 

重曹をいれてもおいてもいいでしょう。

 

乾燥材は、菓子袋などに入っている乾燥剤でもいいですし、100円ショップで購入することもできます。
新聞紙をいれておくのもアリです。

 

10円玉が消臭・殺菌効果があると言われますが、効果があるのは周りだけで、全体に効果を出そうとしたら10円玉を隙間なく並べる必要がああるので現実的ではありません。

市販の消臭スプレーを活用する

市販の消臭スプレータイプは一時的な効果しかありません。

 

できれば長時間効果が持続する消臭パウダー「フットクリア」がおすすめです。

下駄箱にも注意

いろいろな靴が収納されている下駄箱から臭いが移ってしまう事もあります。

 

下駄箱に汚れた靴や湿った靴があると下駄箱が臭くなってしまいます。
下駄箱内にも消臭剤・乾燥剤をおくようにしましょう。

 

ファブリーズは布製のスニーカーなどに効果があるのですが、合皮や本革の靴には効果が全くありませんのでファブリーズを過信しないようにしてください。

丸洗いする

パンプスって洗えないと思っている方が多いのですが、実は洗えるんです。

 

本革は専用洗剤を使う必要がありますが、以外は普通の中性洗剤で十分洗うことができます。

 

洗った後は、しっかりすすいで水気を拭き取った後、日陰干しをします。

 

早く乾かそうとドライヤーや直射日光に当てることはやめてください。
革が硬くなります。

 

乾燥するには時間がかかるので、拭き取りはしっかり行い、パンプスの中に新聞紙を詰めておくと乾燥も早くなり型崩れ防止にもなります。

 

完全に乾く前にクリームを塗ることで革の良い状態を保つことができます

 

やってみると大したことはないのですが、高級な靴だと勇気が必要ですね。

 

自分で洗うのが心配なら靴洗い専門のクリーニング店もあります。

 

パンプス 臭い 対策【消臭、除菌、汚れ落ち】抜群!靴クリーニング・丸洗いの全国宅配「くつLenet」

 

安い合皮のパンプスだと、中底素材が紙を圧縮したファイアーボードが使われていることがあります。

 

あまり長時間水に浸けておくことは避けるようにしてください。

 

どうしても心配な方は内側だけの拭き掃除でもOKです。

 

ぬるま湯に中性洗剤と酸素系漂白剤を入れて溶かした液に布を浸し絞った後、パンプスの内側を拭き取り自然乾燥させます。

足のケア

足のケアがしっかりしていれば、足からパンプスに臭いが移る事もありません。

 

日頃から足裏や指の間を石鹸で丁寧にしっかり洗い、デオドラントクリームで殺菌するようにしておきましょう。

 

足の臭いを消すクエン酸防臭・制汗・殺菌・角質ケアの4拍子揃ったデオドラントクリーム

 

足の臭いをとる方法:TOPページ

パンプス臭い対策記事一覧

パンプスとストッキングの組み合わせは最悪

足の臭いの原因として女性の場合はパンプスとストッキングがあげられます。パンプスもストッキングも足が臭くなりやすい特徴を持っているからです。パンプス職場でパンプスの着用が決まっているので足が蒸れて、もっと通気性のいい靴に代えたくても代えれない人が多いのが現実です。ここではパンプスで足が臭くなる原因、パ...

≫続きを読む