サンダルでも足が臭い!

サンダルでも足が臭い!

足の臭いがするというと、ブーツや革靴、スニーカーなどを履いていると足が臭うというイメージが強いのですが、

 

実は通気性が良いので足の臭いとは無縁そうなサンダルを履いていても足が臭う人がいます。

どうしてでしょうか?

サンダルは基本的には足の臭いにとっては通気性が良いのでいいです。

 

下駄のように足先が解放されていて、素材が木であるとバクテリアもつきにくくて最高です。
でも盆踊りとかならともかく、職場とか街中で下駄はちょっと履けませんよね。

 

また、トイレサンダルのように幅が広くつま先の部分が大きく開いている形状のサンダルも臭いの心配はほとんどありません。

 

しかし、サンダルの形状によっては、通気性がよくないものもあります。

 

女性が履くサンダルやミュールなどがそうです。
つま先の部分はタイトで、足の指と指の間が密着しキュット締め付けています。

 

また素材自体が革やビニールで作られていることが多いので、汗の吸収が悪いことも臭いを発しやすい原因の一つになっています。

 

足の臭い サンダル

他には、一時期爆発的に人気が出て今でも多くの人が愛用しているクロックスなどは一般の靴よりは通気性がよく裸足で履いている人も多いですが、毎日履いていると、クロックスを脱いだ時に足の臭いがする場合があります。

 

原因としてはクロックスの中に足の臭いの原因となるバクテリアが付着しているからです。

 

クロックスは通気性はいいのですが、素材が一見ゴムのような合成樹脂でつくられているため足の汗を吸収してくれません。

 

なので足裏や指の間の汗がたまりやすくなっているのです。

 

指と指が隣り合ったり、指とサンダル部分がくっつきぱなしで汗でヌルヌルして汗が乾燥しないことがあります。

 

通気性が良いだけに、知らないうちに職場に悪臭を振りまいているかもしれません。

対策

同じサンダルは連続して履かない

1日履いたサンダルは、出来るだけ乾燥させたいので、できたら複数のサンダルをローテ―ションで回したいです。

サンダルを洗う。

夏場ならサンダルを洗っても乾きやすい天候なので、靴用の石鹸を利用して洗います。

 

特に足先は重点的に洗います。
洗うペースとしては1ヶ月1回ぐらいでいいでしょう。

汗ふきシートを使う

洗うのが面倒な人は、スーパーやコンビニなどで販売している汗拭きシートを使ってサンダルを拭き取ります。

 

家に帰った時、外出先でも汗をかいたと思った時には拭くようにしましょう。
できたら汗拭きシートは無香料のものをおすすめします。

 

汗の拭き取りシートは抗菌、除菌作用があるので足の臭いの原因となる雑菌を除去してくれます。
特に足先が開いていないサンダルは日頃のケアが大事です。

角質ケア

足の臭いの改善にはサンダルのケアも大事ですが、足のケアも大切です。

 

あしの臭いの原因となる角質を角質軟化剤などで使ってケアしたり、除菌・制汗のためのデオドラントクリームを使ってケアすることで足の臭いを改善することができます。

 

足の臭い サンダル足の臭いに効果的なデオドラント剤

 

足の臭いをとる方法:TOPページ

サンダルでも足が臭い!関連ページ

靴の丸洗い
靴を丸洗いすることで、靴の臭い、汚れをキレイに取り除くことができます。しかも補色や靴の預かりまでしてくれる靴クリーニングのプロを紹介
靴・靴下の選び方、メンテ
足の臭いの原因を改善出来ても、一時的に終っては意味がありません。生涯に渡って足の臭いと縁を切るためにも靴・靴下の選び方、メンテナンスが大事です。
ファブリーズの効果
靴や靴下の臭いはファブリーズで消臭できる?ファブリーズの意外な落とし穴を教えます。
スニーカーの臭いを消す
スニーカーに臭いがついた時には、水または重曹水を使って洗うことでスニーカーにこびりついた臭いニオイを取ることができます。