スニーカーの臭いを消す方法!

スニーカーの臭いを消す方法!

スニーカーを毎日履いていると気になってくるのが臭いです。
特に子供のスニーカーは運動も激しく、よく汗をかくのでとても酷い臭いがします。

そんなスニーカーの臭いを消す方法を紹介します。

スニーカーに限らないですが、靴は同じ物を毎日履かないで、最低1日は間をおいて他の靴と交互に履くようにしましょう。
新品で購入した時から、習慣にしておくとスニーカーの臭いはつきづらいし、スニーカーの長持ちにもつながります。

スニーカーに臭いがついた場合

スニーカーの臭いを消す方法

洗剤を使い水洗いで臭いを取ります。

ただし、スニーカーは基本的に水分い弱いので、水洗いが必要なくらいになる前に事前対策をしておきたいものです。
水洗いをした後は、風通しの良い日陰で乾かします。

水洗いでも臭いが取れない場合

「重曹」を使って洗います。
重曹は食品添加物や美容、油汚れの掃除など、色々なところで使われていて、スーパーやドラッグストアで購入することができます。

 

重曹は弱アルカリ性で足の臭いの原因でもある酸性のイソ吉草酸を中和させる働きがあります。

重曹を使った洗い方

まず、スニーカーの選択表示を確認して下さい。
生地が布製の場合

  • 靴紐とインソールはわけておく。
  • バケツにぬるま湯(約35度〜40度)を用意する
  • スニーカーをバケツに約30分浸け置きしておく

(汚れがひどい場合は1〜2時間ほど漬け置きしておくと落ちやすくなります。)

  • 重曹水を別に用意する

(洗面器に水1リットルに対し重曹大さじ3杯の重曹水を作り、そこに洗剤の磨き粉を適量いれてかき混ぜます。)

  • スニーカーをバケツから取りだし、準備した重曹水で歯ブラシを使って洗っていきます。

(あまりゴシゴシこすると生地を傷めることになるので、必要以上に強くこする必要はありません。)

洗い終わったらしっかりすすぐ

すすぎは洗い以上にとても大事です。
洗剤が残っているとスニーカーを乾かした時に、アルカリ性の重曹が紫外線と反応して黄ばみの原因になったりするので注意してください。

 

黄ばみができた時には、もう一度中性洗剤で洗い、アルカリ性を中和させる酸性溶液に漬ければスニーカーの黄ばみはキレイに落ちます。
酸性溶液は、バケツに酢を約100〜200ccを入れて作り2〜3時間漬け置きしてからすすぎ乾かします。

乾かす

タオルで全体の水分をよく取り、風通しの日陰で乾かします。
スニーカーのつま先に新聞紙をを入れておくと、乾くのもはやくなるし型崩れ予防にもなります。

乾燥を早くさせる方法
  • つま先部分に新聞紙をつめてシューズ用ハンガーで干すことで、乾きはかなり早くなります。
  • 洗濯器の乾燥機能を使う

靴用洗濯ネットかタオルを巻いて、低温で乾燥させます。
もっと早く乾燥させようと高温にすると素材を傷めることになるので注意してください。
型崩れの心配もあるので、できたら陰干しが一番です。

  • ドライヤー、扇風機、ヒーターを使う。

夏は扇風機、冬はヒーターを使います。
ドライヤーもそうですが機能は一番弱いか低温を使用することがコツです。
ガンガン攻めるとスニーカーにダメージを与えることになります。

 

足の臭いをとる方法:TOPページ

スニーカーの臭いを消す方法!関連ページ

靴の丸洗い
靴を丸洗いすることで、靴の臭い、汚れをキレイに取り除くことができます。しかも補色や靴の預かりまでしてくれる靴クリーニングのプロを紹介
靴・靴下の選び方、メンテ
足の臭いの原因を改善出来ても、一時的に終っては意味がありません。生涯に渡って足の臭いと縁を切るためにも靴・靴下の選び方、メンテナンスが大事です。
ファブリーズの効果
靴や靴下の臭いはファブリーズで消臭できる?ファブリーズの意外な落とし穴を教えます。
サンダルでも足が臭い!
通気性がよく足の臭いと無縁そうなサンダルを履いていても足が臭う人がいます。どうしてでしょうか?原因、対策を解説します。