足の臭いセルフチェック

足の臭いはセルフチェックで予防できる!

足の臭いは初期のころは自分では気が付かないかも知れません。

 

足の臭いはセルフチェックで予防できる!

しかし、そのまま放置しておけば、自然に治るということもなく、ひどくなる可能性が高いです。

 

人間の嗅覚は不思議で、臭いが強くなっても意外と本人が気が付かないということがあります。

 

そんな時には、知らない間に、職場の同僚に不快な思いをさせていたり、お子さんの場合はイジメの原因にもなりかねません。

 

足の臭いは、ひどくなってからでは治すのに時間がかかります。

 

足の臭いがひどくなる前にチェックができるなら予防する事ができるので安心です。

足の臭いのセルフチェック

靴を脱いだ時に、靴や靴下、ストッキングの臭いをチェックする。

 

靴を履いている時には気が付かない臭いでも、さすがに靴や靴下に直接、鼻を近づければ、蓄膿症でないかぎり足が匂っているかどうかが確認できるはずです。

 

この時に、布地の匂いや洗剤の匂いだけなら、あなたの足が匂っている心配はありません。

 

ただ、人間は香水をつけるとその匂いに慣れてしまうように、ニオイを嗅ぎ続けていると、そのニオイに慣れてしまいます。

 

また、女性は生理中は嗅覚が鈍感になったりします。

 

自分の足や、靴、靴下などに鼻を近づけても臭わないけれど、ふとした時に匂いがするという方は次のセルフチェックをしてみてください。

足の臭いセルフチェック

    足の臭い、セルフチェック

  • 食事は脂っこいものが多い
  • 野菜をあまり摂らない
  • 1日中、靴を履いている
  • 靴の中が湿っていることがある
  • 靴の中がいつも蒸れた状態
  • 毎日、同じ靴を履いている
  • 靴下がナイロン製
  • カカトがガサガサしている
  • 足が痒い
  • 体質的に汗をかきやすい
  • 緊張すると汗をかく
  • フローリングに汗の足跡がつく
  • お風呂で足もボディソープで洗っている
  • 足の爪が伸びている
  • 家族にワキガ体質の人がいる
  • よく、お酒を飲んだりタバコも吸う
  • ストレスがたまっている
  • 睡眠不足、もしくは睡眠時間が不規則

これらのチェック項目に当てはまる数が多ければ足が匂う可能性は高くなります。

足の臭い予防対策

ストレスをためこまない

ストレスがたまると自律神経に影響して交感神経の働きが強くなります。

 

すると、汗を通常よりも多くかくようになるので、適度な運動をしたり、趣味を楽しむなどしてストレスを溜めこまないようにしましょう。

足をよく洗う

足は指の間もしっかりと洗います。

 

またボディソープは保湿効果があるので、足を洗う時は殺菌効果のある石鹸を使用するなどして、使い分けて洗うようにしましょう。

 

ボディーソープで洗うなら、首から洗い始めて足が最期になるのではなく、足を洗う前には一度タオル、またはスポンジを洗い流し、新しいボディソープで足を洗うようにしてください。

 

カカトなどにつきやすい角質も、角質落としなどで2週間から1ヶ月に一回は使用して角質を落とすようにしましょう。

制汗クリームを使う

日中、靴の中が足の臭いの原因となる汗をかかない状態をつくれればベストです。

 

日中のケアは制汗クリームがおすすめです。

 

【ノーノースメル】なら、サラっとした手触りでとても塗りやすく、朝出勤前に塗るだけで1日効果が持続します。

 

制汗効果だけでなく、「殺菌」「角質ケア」「防臭」効果もあります。

 

東証一部上場企業の販売なので安心できます。
効果が実感できなければ、1本全て使い切った後でも全額返金保証してくれます。

 

足の臭いはセルフチェックで予防できる!93%が効果を実感!足のニオイ消しには『ノーノースメル』

 

足が匂う病気

足の手入れをきちんとしていても病気のために足が匂うことがあります。

1.水虫

真っ先に思い浮かぶのは水虫ですね。

 

でも水虫自体が匂うわけではありません。
水虫の原因となる白癬菌は匂いを発しません。

 

まず、水虫が好むのは高温多湿の環境です。
この環境が皮膚の常在菌を繁殖させて臭いを発しているのです。

 

水虫は自覚症状がなくても4人に1人が感染しているといいます。
一度、あなたの足もチェックしてみてください。

 

⇒水虫の種類、白癬菌について

2.多汗症

人間の自然の原理で体温調節のために汗をかくのですが、多汗症の場合は、体温調節の必要のない時でも汗をかいてしまいます。

 

特に足汗が多い症状を足蹠(そくしょ)多汗症といいます。

 

人より多くの汗をかくことで、靴の中で雑菌が活発に活動する環境を作ってしまい足が臭くなります。

 

多汗症の疑いがある時は、皮膚科の先生に相談しましょう。

 

⇒多汗症の原因と4つの治療法

3.糖尿病や内臓疾患

どちらも体の免疫力が低下しているので、体内の抗菌力も弱まり、足の匂いの原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。

 

これらの病気の場合は、足の臭いだけでなく、口臭や体臭も匂ってきます。

 

糖尿病も初期の頃は自覚症状がないので気が付きにくいのですが、定期的な健康診断などで体の異常はチェックするようにしてください。

 

足の臭いをとる方法:TOPページ

足の臭いセルフチェック記事一覧

体臭チェッカー:クンクンボディ

あなたは自分の足の臭いに自信がありますか?おそらく、ほとんどの方が「NO」と答えると思います。心のどこかでは、大丈夫だと思っていても自分では気がついていないだけかも?と不安があるからです。というのも、周りの同僚や彼氏・彼女が足が臭っているのに意外と本人が気が付いていない場合が多いから、ひょっとしたら...

≫続きを読む