靴の蒸れを防ぐ方法

靴の蒸れ防止方法

靴の蒸れを防ぐ方法

足の臭い対策は、靴の蒸れを防止するだけで大きく改善します。

 

足の臭いの原因は汗と皮脂、角質が混じり合って、それを皮膚常在菌が栄養源にして分解する時に臭いは発生します。

 

汗をかかなければ、雑菌は繁殖しないので臭いは発生する事はありません。
しかし、靴を履くと10分以内に靴の中は湿度が100%になり蒸れて汗をかき始めます。

 

靴の蒸れを少しでも抑える方法を紹介します。

蒸れにくい靴を選ぶ

合皮の靴は、本革靴よりも通気性が悪いので蒸れやすいです。
足の臭い対策のためには、少し奮発してでも本革靴を履くようにしてください。

靴をローテ−ションする

靴は最低3足は用意して毎日履き替えます。
1度履いた靴は、中2日空けて履くようにして下さい。

 

履かない日には、中に脱臭剤を入れて風通しの良い場所で靴を日陰干しし、しっかり乾かします。

消臭剤
  • 消臭作用や殺菌作用のあるコーヒーや緑茶の出し殻をレンジで乾燥させたもの
  • 消臭と除湿効果がある重曹
  • 消臭効果がある10円玉

これらをガーゼや要らなくなったストッキングなどに包んで靴の中に入れます。

靴専用消臭グッズを使用すると効果がいです。

しかし、コンビニエンスストアで売っているような消臭スプレーは効果が一時的でほとんど意味がないといっていいでしょう。

 

おすすめの消臭スプレーはこれです。
消臭スプレー「ヌーラ消臭スプレー「ヌーラ」

 

靴を履く前に制汗、消臭パウダーを入れておくのも靴の蒸れを防いでくれます。
消臭パウダー「フットクリア」消臭パウダー「フットクリア」

中敷を入れる

汗を吸収する中敷を入れることで靴の蒸れはグンと軽減されます。

 

中敷は洗えるものを選び、素材は速乾性に優れた”へちま”でできているものや、抗菌効果や緑茶成分が含まれる中敷がオススメです。

 

中敷も靴も同じで毎日、ローティ―ションで取り換えます。
使わない日は靴下専用の洗剤で洗って乾かしておきます。

 

洗う時間がないという人は、使い捨ての中敷でもいいですが、繰り返し使わないようにして下さい。

靴下対策

靴の対策は、これだけ実行するだけで足の臭いは大きく改善されます。
次の対策は、靴下対策です。

 

靴の蒸れ防止には、靴に直接触れる靴下選びも、とても大切です。

蒸れにくい靴下を選ぶ

靴下の素材は綿とシルクやウール等天然素材の繊維との混紡製品がベストです。

 

一見、綿100%の素材が良さそうに思いますが綿100%は汗の吸収性は優れているのですが、発散性が低いので蒸れやすいです。

 

その点、混紡製品は吸収・発散性のバランスが良いのでお薦めです。
ストッキングはデオドラント効果のある素材を選び、1日2〜3回は履き替えるようにしましょう。

 

こうすることで靴の中の湿度を下げ蒸れを抑えます。
5本指の靴下やストッキングを履くことで足の指と指の間に溜まりやすい汗を抑えることができます。

しっかり洗う

靴下やストッキングについた臭いや汚れはなかなか落ちにくいものです。
完全に臭いや汚れが落ちないまま履いてしまうと、さらにヌメリや臭いが酷くなります。

 

汚れや臭いを完全に落とすには靴下専用の洗剤で洗うようにしましょう。

 

足の臭いをとる方法:TOPページ