足の臭いは2種類

足の臭いは2種類

足の臭いと一口に言いますが、足の臭いには大きくわけて2種類あります。
当然、足の臭いの種類によって対策も変わってきます。
間違ったケアをしても無駄になりますので、あなたの足の臭いに合わせた治療を行うようにして下さい。

 

⇒酸性の臭い(納豆臭い、チーズ臭い)対策 【重曹】
⇒アルカリ性の臭い(アンモニア臭)対策 【ミョウバン、酢、クエン酸】

 

ここで紹介するのは足の臭いを重曹、酢、ミョウバン、クエン酸などを使用することで化学変化を起こし臭いを中和させる方法です。

 

一時的な効果で継続的に行う必要があり、臭いの発生を無くす物でもないので根本的な解決策にはなりません。

 

根本的な対策方法は、足の臭いの症状【足汗、足、体内、靴、靴下】に合った消臭グッズを使用することです。

 

足の臭いは2種類足の臭い症状別、消臭グッズ一覧

酸性の臭い対策

足が臭う人はこのタイプが多いです。
納豆臭い、チーズ臭いニオイで、よくにいうイソ吉草酸のニオイです。

 

足の裏にはエクリン腺といわれる汗腺があって、ここから出た汗が足の角質、脂質などを栄養分として雑菌が繁殖することでニオイが発生します。

対策

足の臭いは2種類

イソ吉草酸という名前の通りニオイの原因物質は酸性です。

酸性の物質にはアルカリ性の物質で中和させることでニオイを改善させます。

 

対処方法はアルカリ性の物質である重曹を水にとかし、そこに足を漬ける方法です。

 

これで酸性のニオイは大きく改善するはずです。

酸性の臭い対策は「重曹」

「重曹」の正式名称は「炭酸水素ナトリウム」(酸性炭酸ナトリウム、重炭酸ナトリウム、重炭酸ソーダとも呼ばれる事があります。)で消火剤や食品添加物として利用されている白い粉末です。

 

環境にも優しい弱アルカリ性の成分で、使用後はそのまま下水に流しても環境汚染の心配はありません。

 

重曹は酸性を中和させるだけでなく、吸水・吸湿効果もあるので足の発汗を抑えてくれる作用もあります。

 

スーパーなどで安全・安価で購入することができます。
ただ、キッチンの掃除用の重曹は界面活性剤や発泡剤が配合されているので、肌に使うには刺激が強すぎます。

 

購入する時には使用用途をよく確認するようにして下さい。

使用方法

重曹は粉末状で販売されていますが、そのままでは肌への刺激が強すぎるので「重曹水」にして使用してください。

 

水またはお湯1リットルに対し重曹大さじ3杯が適量です。
ペットボトルなどを使用して重曹をいれたら、良く振って溶け込ませてください。

 

足浴をする適量が準備できたら洗面器にあけ、10〜15分足浴をします。

 

できたら毎日行ってください。
重曹は安価なので毎日の利用でも負担はかかりません。

 

重曹水をスプレーボトルに入れて靴にスプレーをしても消臭効果はあります。

 

重曹は効果はありますが残念ですが一時的です。
毎日、浸かっていれば足の臭いが治るというものではありません。

 

日中の足の臭い対策には「まとめ」をご覧ください。

アルカリ性の臭い対策

アルカリ性の臭いは、ツーンと酸っぱいアンモニア臭がします。
このニオイはアンモニアがエクリン腺からでる事でおこります。

 

どうしてアンモニアが出るかというと、疲労などによりアンモニアが体内でしっかり分解されずに汗と一緒にでてきてしまうのです。
しっかりと体調管理を整える事で自然に足の臭いも無くなります。

 

注意をしないといけないのは、アンモニアは疲労だけでなく肝機能の低下によっても分泌されるので、あまりに酷い場合は医師の診断を受けた方がいいでしょう。
場合によっては重篤な病気であるケースもあります。

対策

アンモニアはイソ吉草酸と違ってアルカリ性なので、アルカリ性の重曹を使っても効果はありません。
アルカリ性には酸性の物質をつかって対処します。

 

漬物などに使われたり、スーパーで簡単に手に入るミョウバンを使います。
水にミョウバンを溶かしてその溶液に足を漬けることでアルカリ性を中和させます。

みょうばん水を使う

みょうばん水は足の臭いがアルカリ性の人に使用します。

 

みょうばんは、ワキガ対策でも、一部の医療機関で古くから
使われたりしています。
みょうばんは足の臭いの解消には効果抜群です。

 

みょうばんは漬物などにも使われる食品添加物で、
スーパーや薬局で簡単に購入できます。そしてとても安価です。

 

みょうばんをペットボトルに水1500ccの中に50g入れ、軽く振って一晩おいておきます。
ミョウバンが溶けて透明な液体になっているのを確認して、その水を10倍に薄めます。

 

出来上がったみょうばん水を、スプレーボトルに入れて、足にスプレーしたり、
洗面器にいれて足を浸したりするのに使います。
みょうばん水を使った後は、乾かすか、水分をタオル等で軽く拭き取って下さい。

 

みょうばんには、殺菌作用、制汗作用、収れん作用があり、消臭、制汗、美肌に
非常に効果があります。

 

しかし、使用には注意が必要です。
みょうばん水は人によってはヒリヒリしたり、かぶれてしまうこともあるので、十分注意して下さい。

 

⇒もっと詳しく知りたい方はコチラ

 

酢水に浸す

水をはった洗面器に大さじ1杯の酢を入れます。
*ホワイトビネガーでもいいです。

 

酢を入れた洗面器に足を10分前後、浸します。
そのあと、水洗いをします。

 

酢水もみょうばん水と同じ酸性液で、酸は雑菌の繁殖を抑えてくれます。

足の臭いをクエン酸で消す

お酢だと臭いが残りやすいので、お酢の臭いが気になる方はクエン酸がおすすめです。
クエン酸はトイレや水回りの掃除荷も利用され、重曹と同じでスーパーなどで簡単に手に入れることができます。

 

クエン酸はレモンなどに含まれています。レモン汁で代用してもOKです。

使用方法
  1. お湯をはった洗面器に、クエン酸を大さじ2杯いれます。
  2. 石鹸で汚れを落とした足をお湯に5〜30分位つけます。(つけるは時間は任意です)
  3. 足を取りだし乾いたタオルで拭いて乾燥させます。

これだけです。

まとめ

重曹、酢、ミョウバン、クエン酸のどれもが、殺菌効果があるわけではなく、臭いの発生をなくすものではありません。
アルカリ性の臭いには酸性で、酸性の臭いにはアルカリ性で化学変化させて臭いを中和させるだけです。

 

その為、いくら使っても足の臭いが治る事はありません。
しかし、消臭スプレーと違い後から変な臭いがするということはありません。

 

一番作用が強いのがお酢ですが、それでも抗菌・減菌効果です。
酢、重曹、クエン酸、ミョウバンの効果は一時的で、継続して行わないと足の臭いはまたでてきます。

 

日中は薬用クリームを使って消臭し、夜に自宅に帰ったらお風呂場で使うというのがおすすめの方法です。

 

重曹とクエン酸を混ぜて炭酸泉のような入浴剤がわりに使う方法もあります。
市販の入浴剤も重曹とクエン酸からできているので問題はありません。

 

足の古い角質を落とし踵をツルツルにしてくれる効果もあります。
角質がなくなることで足の臭い対策にもなり一石二鳥です。

 

重曹;クエン酸=2:1の割合で使用してみてください。

足の消臭グッズ

重曹、ミョウバンと違い強い殺菌効果と制汗作用がある消臭グッグを紹介します。

 

足の臭いの症状【足汗、足、体内、靴、靴下】に合った消臭グッズを選ぶ参考にしてみて下さい。

 

足の臭いは2種類足の臭い症状別、消臭グッズ一覧

加齢臭

番外ですが、足が臭う原因にもう一つ加齢臭の足の臭いがあります。

 

足から臭う加齢臭はまた独特の臭いです。
汗臭い酸っぱさでもなく、オヤジくさい少し鼻につくワキガに近い臭いです。

 

女性ホルモンで加齢臭が抑えられていますが、女性でも加齢臭は発します。
加齢臭による足の臭いは少し離れればあまり感じることはありません。

 

酸化する皮脂や汗を抑えれば、臭いを抑えることはできます。
病的な臭いでもないので無くすことは難しいですが、食生活や運動環境を変えることで軽くすることはできます。

 

足の臭いをとる方法:TOPページ

足の臭いは2種類関連ページ

足の臭い 病気
足の臭いの病気で考えられるのは「水虫」「多汗症」「内臓疾患&糖尿病」です。色々足の臭い対策をしているのに治らない時には足の病気が考えられます。
足の臭い 成分
足の臭いの成分は、イソ吉草酸アルデヒドです。イソ吉草酸アルデヒドは汗と角層が混じり合うことで発生することが研究結果からわかっています。足の臭い成分は目に見えないブツブツなのです。
足の臭いはかかとが原因
足の臭いの大きな原因にかかとの角質があります。かかとのケアをキチンとすることで、足の臭いだけでなく、カサつき、冷え、水虫なども予防することができます。
足の臭いの原因(爪、菌)
足の臭いの原因には、爪の手入れ不十分があります。また菌対策にはこまめなケアが必要になってきます。
足の臭い原因の食事
足の臭いの原因は、足が清潔でないとか、多汗症とか、靴に原因があると思っていましたが、食事によっても足の臭いの原因になっているんです。
足の臭いの原因(角質)
足のニオイの原因に角質が関係していることを知らない人が意外に多いです。制汗スプレー、クリーム、靴下のこまめの穿き替えをしても足のニオイが気になる人は角質が原因かも?
してはいけないNG治療法
足の臭いを解消するのによいと思っていた行為が実は、良くなかったりすることがあります。してはいけないNG治療法を説明します。